鹿島FW鈴木優磨の「神トラップ」逆足弾が話題! 「このクオリティだとE-1呼ばない理由がない」

2022-7-9

 鹿島アントラーズは7月6日、J1リーグ第20節でセレッソ大阪と対戦し、3-3と得点の奪い合いとなる激しい戦いをドローで終えた。FW鈴木優磨の見事な胸トラップからのゴールにファンから「神トラップ」「E-1呼ばない理由がない」と賛辞が続々と送られている。

試合は思わぬ形で動く。前半35分、鹿島のゴールキックをカットしたC大阪が素早い攻めで前線のFWアダム・タガートへ。するとタガートのトラップが流れ、対応した鹿島DFキム・ミンテのオウンゴールでC大阪が先制する。

点を取り返したい鹿島は約10分後、敵陣やや左からのフリーキック(FK)のチャンスからこぼれを拾ったFW和泉竜司がペナルティーエリア左からファーサイドへクロスを送ると、MFアルトゥール・カイキがヘディングで合わせて1-1の同点に追いつく。

後半に入っても両者点を奪う展開となるが、そんな後半の火蓋を切ったのが鈴木だった。同7分、鹿島が右サイドから波状攻撃を仕掛けてDF広瀬陸斗が敵陣中央からクロスを送る。ペナルティーエリア奥で待っていた鈴木が上手く胸トラップでコントロールして自身の前に落として相手DFと入れ替わり、そのまま左足一閃。ゴール左下に突き刺してこの時点で2-1と鹿島がリードを奪った。

このゴールに多くのSNSファンが反応し、「神トラップ」「うまっっっっ!!」「このクオリティだとE-1呼ばない理由がない」「うますぎて嫉妬案件」「後ろ向きのボールめちゃトラップするやん」「バケモン」「何でも出来るな」と賛辞が続々と送られている。

試合はその後、後半25分にC大阪MF鈴木徳真のダイレクトのロングスルーパスから抜け出した途中出場FW加藤陸次樹が決めて2-2、同32分にはショートカウンターからこちらも途中出場FWジェアン・パトリッキが決めて再度C大阪が勝ち越すも、同44分に鹿島FWエヴェラウドが角度のない場所から意外性のあるゴラッソを決め、結果3-3のドローで試合を終えている。

Leave a Reply

Your email address will not be published.