マリノス4連勝 マスカット監督「サポーター気持ちよく帰れる」

2022-06-28

首位の横浜マが前半のゴールラッシュで試合を優位に進めて4連勝。前半17分にMF西村拓真の右足シュートで先制。同19分にはFWレオセアラ、同28分はFW水沼宏太が追加点を決めた。

本格的な夏の到来を予感させる蒸し暑さがスタジアムを覆う中、すがすがしく鮮やかなゴールラッシュだった。「サポーターが気持ちよく帰れるような内容だった」。注目の上位対決を制した横浜マのマスカット監督がそう語るほど、文句の付けようがない戦いぶりだった。

ボールを奪うと前へ前へと運ぶ。連動した超攻撃的なスタイルは90分間止まることなく、これぞ首位を走るチームだと言わんばかりだった。前半17分、MF藤田譲瑠チマの縦パスからペナルティーエリア付近でボールをつなぐ。最後はMF西村拓真が右足を振り抜くと、柏の守備陣に当たったボールはふわりと浮いてネットを揺らした。

酷暑の中、欲しかった先制点を奪うと一気に流れに乗る。2分後にはFWエウベルが柏の最終ラインからボールを奪う。FWレオセアラにラストパスを送って追加点。さらに9分後には距離のあるスローインに対し、レオセアラが胸でトラップ。それを受けたFW水沼宏太が右足で押し込み、前半だけで3点を挙げた。

2月の対戦では、高い位置でプレスを仕掛ける中で柏に背後を突かれ、失点を重ねて逆転負け。戦術を研究して臨んだこの日はコンパクトな陣形でパスコースを消すシーンが多くみられ、相手アタッカー陣に仕事をさせなかった。

4連勝でがっちり首位をキープ。全得点に絡んだレオセアラは「練習してきたことが形になっている。優勝に向けて落とせる試合なんてない」。チームの強みを存分に生かし、3年ぶりの王座奪還へ突き進む。

レオ・セアラの“季節”が到来「暑い方がいい」。柏レイソル戦で2得点2アシスト、横浜F・マリノスの全得点に絡み快勝

2022-06-28

圧巻のパフォーマンスでマリノスを快勝に導いたのは、FWレオ・セアラだった。1トップとして先発出場したブラジル人ストライカーは、17分にMF西村拓真の先制点をアシスト。直後の19分にはFWエウベルからのお膳立てを受けて追加点を奪った。

レオ・セアラは「95%はエウベルの得点だと思う。どフリーで、もう決めるだけだったので、『エウベル、本当にありがとう』と伝えなければいけない」とアシストしたチームメイトへの感謝を口にする。

自身の今季リーグ戦3得点目となったゴールは、前線からのプレッシングによって生まれた。柏のビルドアップに圧力をかけ、DF上島拓巳のコントロールを見逃さず狙っていたエウベルがボールをカット。そのままゴール前でGKと2対1の状況を作り、フリーのレオ・セアラに「決めるだけ」のパスを通した。

「アナリストにも非常に有能な人材が揃っている。この試合だけでなく、毎試合『そこを突いていこう』というのを、いつも僕たちに落とし込んでくれる。今日の試合はその狙いがうまくハマって、プレスも良かったし、そのプレスで1点決めることができた。本当にアナリストたちを称えなければいけないし、分析をしっかりと聞いて実行したピッチ上の選手たちも称えなければいけない」

レオ・セアラは前半戦で敗れていた柏へのリベンジを達成したチームの、勝利を目指す姿勢を誇った。相手の狙いをことごとく潰し、主導権を握ったマリノスは28分にレオ・セアラのアシストからFW水沼宏太が3点目を挙げ、後半開始早々の47分にはセットプレーからレオ・セアラがゴールネットを揺らしてリードを4点に広げた。

「選手は常に準備をしていなければいけない。チャンスはいつ来るかわからない。僕は今スタメンで出られているので、しっかりとチャンスをものにしようという気持ちでやっているし、第一にチームが勝つためのプレーをしたいし、チームに貢献したい気持ちは大きい。チームが勝ててすごく嬉しい」

あくまでチームプレーに徹した結果が、来日以降最高とも言えるパフォーマンスにつながった。攻撃ではポストプレーで起点となり、ボールを失った瞬間に守備へ切り替えて積極的に空いてボールホルダーへ寄せていく。レオ・セアラは攻守にチームを活性化しようとピッチ上を奔走した。

今季前半戦はFWアンデルソン・ロペスが継続的に起用されていたこともあって、レオ・セアラに与えられる出番は限定的だった。ほとんどが途中出場で、なかなかゴールが決まらず調子も上がらない。

そんな状況でも27歳のブラジル人ストライカーは腐ることなく努力を続け、常に準備を怠らなかった。

「僕たちにとってすごく素晴らしい試合だったと思うし、パフォーマンスも良かった。最初から最後まで支配した試合だと思う。難しい試合になるのはみんなわかっていたし、ホームで支配しなければならないというメンタルで入った。久しぶりの日産スタジアムで、こうやってファン・サポーターの皆さんの前で勝つことができたのは本当に気持ちよかった」

昨年はリーグ戦で27試合に出場し10得点を挙げたが、うち6得点は真夏の8月に奪った。家族の来日の目処が立ち、「寒いと暑いなら、僕の出身地は本当に暑いので、究極どちらが良いかと聞かれたら暑い方がいい」と日本の夏にも順応できたが故のゴールラッシュで、J1リーグの月間MVPも受賞していた。

気温28度・湿度70%と真夏のような気候の中で行われた柏戦の2得点2アシストを目の当たりにし、改めて今年も“レオ・セアラの季節”が来たと感じる。

「僕としては常にチームに貢献したいという気持ちでやっているので、今日は2得点2アシストでチームに貢献できたと思う。毎試合それができれば一番いいし、今の活躍を続けていけたら」

抜群の献身性と得点力を兼ね備えたトリコロールの背番号9には、梅雨が明けてこれからやってくるであろう真夏にさらなる大爆発を期待したいところだ。

 

リーガでプレーすること。そして2つ目は、できれば来シーズンもヨーロッパの大会でプレーしてほしいということだ

Space walk お値段以上のニトリもびっくりです。 SBとCHが縦、逆CHがマイナス、と二段構えの守備となっている。 2020-21シーズンまではマルセイユで長友佑都選手、酒井宏樹選手が在籍していましたね。公用語はフランス語ですが、都市国家として独立しており、独自の統治機関をそなえています。 かつて世界の港湾都市として栄えたリバプールがまるごと体感できる仕掛けが盛りだくさん。 だから、世界中の億万長者が、モナコに移住している。

【写真】FCバルセロナ v アトレティコ・マドリード - Mundo Deportivo JP バチカンに続いて世界2位の小さな国だ。緑色が空席、黄色が座席選択中です。上からの景色は最高。 お散歩するには、最高の気候。今節の決勝弾は、高嶺の嬉しいJ1今季初ゴールでした! ベティスは今季のコパ・デル・レイで優勝、レアルもリーガ制覇を成し遂げている。特に2011-12シーズンはリーグではバイエルンに連勝、DFBポカールでもバイエルンを破り、クラブ史上初めての国内2回を達成。

そのままリードを守り切ったマドリーが1-0の勝利をおさめ、リーグ戦2連勝としている。 2021年9月30日、イタリアサッカー連盟はUEFAネーションズリーグの準決勝に臨む代表メンバー23名を発表しました。 この法律に違反した場合、最大1800万ポンド(約28億円)または年間収益の10%のいずれか高い方が罰金として科されることとなります。 コンダミーヌ地区とラルヴォット地区を往復する5kmコース、モナコ中心部をサークル状に走る10kmコース、8歳からでも参加可能な1,000mコースなど、マラソン初心者や長距離を完走する自信が無い方でも気軽に参加していただくことができるのが魅力です。

ベイルを活かさない戦い方をすることも視野に入れたほうがいいのかもしれない。正式にこの金額が必要、とは公表されていない。住むところがあることを証明する必要がある。 また、個人居住者に対する所得税がない。所得税など税金がかからない。 アーセナルは火曜日にリーズと接触し、獲得オファーを提示する意向を示したとみられている。 ③は無名の有望選手を獲得し、名選手に育て上げてて高く売却する錬金術が挙げられていました!

なので、非常に治安がいいことで有名。佐藤琢磨選手などが有名だ。選手からも好評だったこのユニフォームを着用することを私たち全員楽しみにしています。 シーズン終了後、梶山陽平が引退を発表した。地中海に面している国、モナコ。 これぞ地中海! ちょうど数日後に開催されるらしく、街は準備中!街中を走る車は、フェラーリやベントレー、マセラティ。駆ける魂 (中) プロの壁に「この野郎!新戦力のアデミウソンが4得点と活躍するも、ACLとの過密日程でコンディションが上がらず首位の鹿島とは勝点15差の6位に低迷した。

日本の物価の3〜5倍。 「メレンゲ」は日本語でも使われるメレンゲと同じで、チームカラーの「白」を表している。 ※参加者本人のお名前でお振込みください。 そんな旅行者いねーよ! いかにも億万長者しか住んでない街だとわかる。 >>インターネットビジネス初心者を脱出しませんか? さらなる非嫡出子認知の訴えは、それが本当かそうでないかは別にしても、おそらく避けられなかっただろう。 ミラー(電子版)が18日に報じた。 1971年(昭和46年)に誕生した「チェルシー」は、伝統ある英国スコットランドのお菓子をイメージして誕生したキャンデーです。子どもが大好き「水族館」もあります。国民は24時間監視されている状況だ。監視している状況だ。上の動画にて注目すべきはコースの切り方に加え、プレスのタイミングである。

2018.02.21平成30年度国際大会(前期4月~9月)派遣計画を掲載しました。 これは実際に、モナコにあった注意書き。 が、実際は、その倍以上。 が、まあまあ普通。朝食もいたって普通。部屋も普通。 “山道守彦の強化部長就任について”. 4-2-3-1をベースにカウンターとポゼッションをミックスさせた戦術を得意としています。 モナコに住む移住した日本人は? 2018年のロシアワールドカップではポーランド代表として日本代表とも対戦したことから印象に残っている人も多いかもしれません。