真夏の大阪ダービー。C大阪の優位は揺るがずも、G大阪にも勝機は十分あり | Jリーグプレビューショー

2022-7-15

今節の最注目カードはパナソニックスタジアム吹田で行われる大阪ダービーだ。 J1での通算対戦成績では23勝7分け13敗とガンバ大阪が大きく勝ち越している一方で、近年の成績ではセレッソ大阪が圧倒。

2019年の第27節で勝利して以降、今季前半戦の戦いまで4勝2分けと驚異の勝率を誇っている。 その流れと今季の両者のチーム状況を踏まえ、佐藤寿人氏、予想くん、田中氏の予想も偏る結果となった。

真夏の大阪ダービー。C大阪の優位は揺るがずも、G大阪にも勝機は十分あり | Jリーグプレビューショー | DAZN News 日本

予想くんは0-1でC大阪の勝利を予想し、「C大阪の勝率59%は今節で1位」と理由を説明。勝つために必要な得点が「79%の確率でショートカウンターから生まれる」と話した。 これ続いたのは佐藤氏で、1-2でC大阪の勝利を予想。

「セレッソはチームが一枚岩になって戦えている。守備のハードワークも前線の選手から最後尾の選手までまとまってやれている」と調子のよさを挙げた一方、G大阪に対しては「ビルドアップで苦労している。

そこで引っかけられてカウンターを受けてしまうシーンも想像される」と展望した。 最後に予想した田中氏は0-2でC大阪の勝利を予想した。G大阪は鈴木武蔵と食野亮太郎がこの試合から出場可能になることに触れつつも、それ以上に守備面の問題を指摘。

シーズンベストゴール候補」 G大阪、GK起点の"衝撃14秒スーパーカウンター弾"に絶賛の嵐「完璧すぎる」 | フットボールゾーン

「クロス対応に脆さがある」と分析し、そのクロスからC大阪にゴールが生まれるのではないかと、考えを話した。 また、視聴者の予想でもC大阪の優位は変わらずに65%が勝利を予想。G大阪の勝利を予想する27%の倍以上の数字を記録した。 ただ、G大阪に優位なデータもある。

データスタジアムの滝川氏は両チームの76分以降の得点と失点の数と割合を提示。C大阪の76分以降の失点数がリーグワーストで、G大阪の終盤の得点率の高さを紹介した。 前評判どおりに今回も桜が青黒を叩き潰すのか。それとも、青黒が意地を見せ、桜を蹴散らせるのか。激闘必死の大阪ダービーから目が離せない。

Leave a Reply

Your email address will not be published.