Jリーグが第21節TOP5ゴールを選出、トリを飾るのは大反響を呼んだあの芸術的オーバーヘッド!

2022-7-16

Jリーグは15日、明治安田生命J1第21節のTOP5ゴールを発表した。 全21ゴールが生まれた今節。浦和レッズのMF伊藤敦樹の密集を抜けたミドル、横浜F・マリノスのMF岩田智輝のクロスを沈めたFWレオ・セアラの劇的同点ヘッド、ダイナミックな攻撃を完結させた浦和のMF大久保智明の今季初ゴール、ショートカウンターを仕上げたセレッソ大阪のFW加藤陸次樹の先制点が選出された。

Jリーグが第21節TOP5ゴールを選出、トリを飾るのは大反響を呼んだあの芸術的オーバーヘッド!(超WORLDサッカー!) - Yahoo!ニュース

素晴らしい4つのゴールに続いてトリを飾ったのは、大きな反響を呼んだ川崎フロンターレのMF家長昭博の芸術的オーバーヘッドだ。

ガンバ大阪を等々力陸上競技場に迎えた川崎Fは3点リードの36分。右CKからMF脇坂泰斗がアウトスイングで入れたクロスに対し、DF車屋紳太郎がわずかに触れてボールが大きく浮き上がると、ファーで待ち構えていた家長が右足でオーバーヘッドシュート。

何かすごいものを見た…」「セクシーすぎ」家長昭博の華麗なオーバーヘッド弾に反響続々!(SOCCER DIGEST Web)  川崎フロンターレは7月9日、J1リーグ第…|dメニューニュース(NTTドコモ)

芯を完璧に捉えた一撃は、GK東口の手を弾いてネットを揺らした。 逆足での完璧な一撃には、「トリを飾るのはアキ!当然」、「ウイイレかい」、「アキ君のゴールしか勝たん」、「もちろんベストゴール」、「家長さんのやっぱ入るよね」などのコメントが寄せられている。

Leave a Reply

Your email address will not be published.