【FC東京】移籍初ゴール木本17年以来のゴール 攻守で勝利の立役者に

2022-7-18

思わぬ伏兵が、決勝ゴールを挙げた。5年ぶりの歓喜の瞬間だった。開始4分、右サイドの直接FKをバングーナガンデが蹴り込むと、相手DFのクリアボールに木本恭生が素早く反応した。

FC東京】移籍初ゴール木本17年以来のゴール 攻守で勝利の立役者に:中日スポーツ・東京中日スポーツ

「セットプレーで相手が触って(ボールが)宙に浮いていた。強くいこうとしたらうまくボールにいけた」  そう振り返ったように、先に落下点に入った木本が相手GKに競り勝つと、ボールはゴールへと吸い込まれていった。これがC大阪時代の2017年以来となるうれしい移籍後初ゴールとなった。

その後、同14分には相手のパスミスを奪った渡辺が追加点を決めてリードを広げた。

FC東京、木本が移籍後初ゴール「強く行ったらいい形で点が取れた」 - サンスポ

試合は2―0で勝利を挙げたが、後半は押し込まれる時間帯も長かった。それでも、体を張って完封した木本は「前半はボールを持ちながら時間をつくれた。急がず、ボールを大事にしながら休めることもできていた。後半もそれを続けられれば良かったが、疲れもあってイージーなミスで相手にボールを渡してしまった」と、反省も忘れなかった。この日は、背番号30が攻守で勝利の立役者となった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.