【日本代表】宮市亮3563日ぶりの代表出場へ 歴代4位奥寺康彦のブランク出場記録を抜く

2022-7-14

サッカーの東アジアE-1選手権の日本代表に13日、横浜F・マリノスのFW宮市亮(29)が選出された。国際Aマッチ出場2試合0得点。

日本代表】宮市亮3563日ぶりの代表出場へ 歴代4位奥寺康彦のブランク出場記録を抜く(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

ザッケローニ監督が率いていた2012年以来の代表復帰。19歳だった12年5月23日の親善試合アゼルバイジャン戦でデビューし、同年10月16日の親善試合ブラジル戦が最後の出場となっている。

今大会の初戦となる7月19日の香港戦(カシマ)戦でピッチに立てば、実に3563日(9年276日)ぶりの代表戦出場。戦争による中断期間に記録した選手を除けば、奥寺康彦の3457日(9年170日)がこれまでの日本代表の「ブランク出場」で、宮市はこの記録を抜くことになる。

日本代表】宮市亮3563日ぶりの代表出場へ 歴代4位奥寺康彦のブランク出場記録を抜く - 日本代表写真ニュース : 日刊スポーツ

戦争による中断期間を挟んだケースを含めると、1940~54年の川本泰三の5019日(13年271日)が最長となっている。

新顔は何者? サッカー日本代表、初選出10人を徹底紹介!

2022-7-14

今回招集された26人の中で最年少となったのが鈴木彩艶だ。190cm91kgという恵まれた体格を持つGKで、身体能力を活かしたダイナミックなセーブを武器としている。正確なロングフィードを蹴るのも特徴で、ハーフウェイ付近まで届くロングスローも持ち合わせる。

昨シーズンはリーグ戦でも出場機会を獲得し、東京五輪に臨むU-23日本代表メンバーにも滑り込んだ。しかし、リーグ戦で失点に繋がるミスを犯し、試合後に涙する一面も。その後は西川周作に正GKの座を譲り、今季もまだリーグ戦での出場がない。ただ、AFCチャンピオンズリーグで起用され、6月はAFC U-23アジアカップで素晴らしいパフォーマンスを見せている。

すべてクラブの不手際によるもの」浦和が無資格選手の出場を謝罪、柏戦欠場のGK鈴木彩艶について説明【超ワールドサッカー】

今大会のGK陣は22歳の大迫敬介、21歳の谷晃生、そして19歳の鈴木と若い顔ぶれとなった。現状では3番手と見られるが、権田修一らベテランが不在の中で出場機会は訪れるだろうか。

E-1選手権に臨む日本代表メンバー発表!! 小池龍・西村・満田・町野ら大量10選手が初招集

2022-7-14

日本サッカー協会(JFA)は13日、EAFF E-1選手権に臨む日本代表メンバーを発表した。国内組から26人を選出。「サプライズはない」と明言していた森保一監督だったが、DF小池龍太(横浜FM)、MF水沼宏太(横浜FM)、MF野津田岳人(広島)、MF満田誠(広島)、FW西村拓真(横浜FM)、FW町野修斗(湘南)ら10選手が初招集となった。

E-1選手権に臨む日本代表メンバー発表!! 小池龍・西村・満田・町野ら大量10選手が初招集 | ゲキサカ

国際Aマッチウィーク期間外のため、欧州組が招集できないE-1選手権。カタールW杯への貴重な選考の場というだけでなく、次世代の発掘も求められる中、森保監督はJリーグで戦う26人を選んだ。カタールW杯アジア最終予選で出場機会を得ていたDF谷口彰悟(川崎F)、DF山根視来(川崎F)のほか、FW宮市亮(横浜FM)、FW武藤嘉紀(神戸)ら海外経験者も復帰。パリ世代からはいずれも初招集のGK鈴木彩艶(浦和)、FW細谷真大(柏)、MF藤田譲瑠チマ(横浜FM)が抜擢された。

パリ世代から3人がA代表初選出! 鈴木彩艶、細谷真大、藤田譲瑠チマが語っていた“A代表経由パリ五輪行き”の思い | ゲキサカ

E-1選手権は19日に開幕。当初は中国で開催される予定だったが、新型コロナウイルスの検疫措置を受け、日本での大体開催となる。男子競技は日本、韓国、中国、香港が出場。森保ジャパンは19日に香港、24日に中国、27日に韓国と対戦し、2013年以来4大会ぶりの優勝を狙う。

「能力は日本トップクラス」 日本代表OB内田篤人氏がE-1選手権で注目選手に挙げた2人は?

2022-7-14

日本サッカー協会(JFA)は7月13日、E-1選手権に臨む日本代表メンバー26人を発表した。初選出組10人とフレッシュな顔ぶれとなったなかで、元日本代表DF内田篤人氏は、29歳のFW宮市亮と20歳のMF藤田譲瑠チマという横浜F・マリノスコンビを注目選手に挙げた。

能力は日本トップクラス」 日本代表OB内田篤人氏がE-1選手権で注目選手に挙げた2人は?(FOOTBALL ZONE) - Yahoo!ニュース

今回は国内組だけで構成され、鈴木彩艶(浦和レッズ)、小池龍太(横浜F・マリノス)、大南拓磨(柏レイソル)、水沼宏太(横浜F・マリノス)、野津田岳人(サンフレッチェ広島)、西村拓真(横浜F・マリノス)、満田誠(サンフレッチェ広島)、町野修斗(湘南ベルマーレ)、細谷真大(柏レイソル)、藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)と10人が初選出された。  また。J1リーグで首位に立つ横浜FMから、初選出の小池、水沼、西村、藤田のほか、A代表経験者の畠中槙之輔、岩田智輝、宮市と最多の7人が選ばれた。

能力は日本トップクラス」内田篤人がE-1で期待する2人の日本代表戦士は?「物怖じしない。推進力が素晴らしい」(SOCCER DIGEST Web) -  Yahoo!ニュース

テレビ朝日の「報道ステーション」に出演した日本代表DF内田氏は、注目選手に横浜FMの宮市と藤田の2人を挙げた。

「宮市選手の能力は日本トップクラス。欧州に行って怪我に悩まされたけど、シュートも器用だし、もし90分でなくてもワンポイントで活躍できる。ここで(A代表に)呼ばれたので勝ち取ってほしい。藤田選手は先月、U-21日本代表の大会(U-23アジアカップ)で活躍した。物怖じしない性格で、プレースタイルとしてはボールを奪ってから前に運ぶ推進力が素晴らしい。同じポジションにライバルはたくさんいるけど、そこは争いの中で頑張ってほしい」  内田氏期待の2人がE-1選手権でどんなプレーを見せてくれるかにも注目だ。

田中碧が日本代表について“暴露”…飛行機で「久保選手だけ席が違う」

2022-7-14

デュッセルドルフの日本代表MF田中碧が13日に放送された「空気階段の空気観察」(テレビ朝日)に出演し、代表でチームメイトのMF久保建英(R・マドリー)に関する“暴露”をした。

田中碧が日本代表について“暴露”…飛行機で「久保選手だけ席が違う」 | ゲキサカ

お笑いコンビ「空気階段」の大ファンだというFW古橋亨梧(セルティック)と共に登場した田中は、「絶対に負けられない戦いが、そこにはある 大声絶叫クイズ」と題した叫び声のデシベル数を争う企画に挑戦。「最近思わず笑ったことは?」とのテーマで「久保選手だけ席が違う」と絶叫した。

詳細を聞かれた田中は「代表で移動するときに飛行機をよく使うんですけど、前の席はちょっといい席じゃないですか。それを順番に選手が前から座っていくんですけど、年功序列で久保選手だけ入れなくて、1人だけ狭い席に座っていました(笑)」と説明。最年少の久保のみがスタッフとエコノミークラスに座ったエピーソードを明かし、周囲の驚きや笑いを誘った。

また、久保が他の選手に「タケ~」とイジられていたことを補足した古橋は、最後のお題「引退後の夢は?」で「料理人」と大声で告白。「今海外に住んで料理することが増えて、今すごく料理を作るのが楽しくて。店を作って料理人をしながら、誰もが来て楽しんでもらえる空間を作れたらな」と夢を語ると、空気階段の水川かたまりさんはその店を「Bistro kyogo」と名付けていた。

「命をかけて戦う」長友佑都が前人未到の“W杯4大会出場”に向けて闘志を燃やす

2022-7-13

FC東京に所属する日本代表DFの長友佑都が7月11日、都内で『ナイキ』が主催するイベントに参加。カタール・ワールドカップに向けた熱い想いを口にした。    この日は新作スパイク『ナイキ エア ズーム マーキュリアル』の発表イベント。フットボール用に初開発された『ズーム エア バッグ』が搭載され、選手から最大限のスピードを引き出す優れものだ。長く『マーキュリアル・シリーズ』を愛用している長友は、この新作について「ズーム エア バッグがあるのでスピードで出るし、推進力が上がった感じがする」と手応えを口にした。

長友佑都が生み出す“価値”と“凄み” 王国・ブラジル戦でみせた全盛期の輝き (ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース

また、質疑応答では日本代表にも言及。今年11~12月のカタール・ワールドカップに出場となれば、日本人では前人未到のワールドカップ4大会出場となる中、次のように意気込んだ。

「大袈裟に言えば、(ワールドカップに向けて)命をかけて戦っている。これまで(日本人で)4大会連続で出場した選手はいないので、誰も成し遂げていない記録を達成したいですし、ピッチに立つだけではなく、チームの勝利に貢献したい。まずは本大会メンバーに選出されるように頑張りたいです」

命をかけて戦う」長友佑都が前人未到の“W杯4大会出場”に向けて闘志を燃やす : フットカルチョ

今年9月には36歳になるベテランの長友だが、その闘志はまだまだ燃えている。

「反応、対応の速さ」W杯に臨むU-20なでしこの強みを池田太監督が解説。「連覇を期待してもらいたい」佐々木技術委員長も太鼓判

2022-7-13

日本サッカー協会(JFA)は7月12日、U-20ワールドカップに臨む21人のメンバーを発表した。

前回予定されていた2020年大会はコロナ禍で中止となったが、18年のフランス大会を池田太監督のもとで制覇しているU-20なでしこについて、メンバー発表の会見に登壇した佐々木則夫女子技術委員長は「連覇を期待してもらいたい」と自信をのぞかせ、池田監督は以下のように感謝を込めてコメントした。

反応、対応の速さ」W杯に臨むU-20なでしこの強みを池田太監督が解説。「連覇を期待してもらいたい」佐々木技術委員長も太鼓判 |  サッカーダイジェストWeb

「いろいろな方に感謝を申し上げたい。コロナの影響で様々な活動制限があるなか、チームを作ってきました。(U-20女子ワールドカップの)アジア予選が中止となったなか、19年のU-19の女子アジア選手権の上位チームとしてワールドカップ出場権を獲得しました。中止になった、ひとつ前の世代の想いも持って戦っていこうと、これまでのトレーニングキャンプでみんなと共有してきました。11月からは男子のA代表が、10月には女子U-17がそれぞれワールドカップを行ないます。ワールドカップイヤーのスタートとなる、8月のU-20女子の大会をこの選手たちと戦えることを楽しみにしています」

今回のチームは、アグレッシブに戦うというコンセプトのもと、「ピッチで100パーセント自身のプレーを出せて、さらに仲間の力を引き出し合える」選手たちを選考。世界的なコロナ禍の煽りを受け、国際大会を経験することができなかったものの、「反応、対応の速さがこのチームのストロング」と理解力の高さを挙げ、大会期間中での対応や、スカウティングをもとにした相手への対策にも手応えを感じているという。

E-1に臨む、なでしこジャパンメンバー発表!植木理子、清水梨紗、猶本光らが選出。初招集は中嶋淑乃、林香奈絵 | サッカーダイジェストWeb

グループDに入る日本は、グループステージ初戦でU-20オランダ女子代表、2戦目でU-20ガーナ女子代表、最終戦はU-20アメリカ女子代表と戦う。

U-20オランダ女子代表は、フル代表同様にポジショナルプレーを志向。アンダー世代から一貫したスタイルの強敵で、ガーナはスピード感やゴールへ直結する動きを得意とする。さらに「アメリカは言わずと知れた女子サッカー大国。3戦目にあたるので、グループステージの様子を見ながら考えていきたい」(池田監督)という。

佐々木技術委員長は「国際大会を経験できなかったため、初戦がキーとなる。池田監督がやってくれるはず」とし、「このU-20もなでしこ(女子A代表)も池田監督。次のワールドカップや五輪へ続く。しっかりとつなげてほしい。一貫した代表ができてきているのが女子の強み、非常に期待している」とエールを送った。  U-20なでしこは、7月30日に現地入りし、直前トレーニングを実施。8月11日のU-20オランダ女子代表戦からU-20ワールドカップがスタートする。

カタールW杯全32か国の「ベストプレーヤー」英選出 「愛すべき点が多い」森保Jの“最高認定”スターは?

2022-7-13

今年11月にカタール・ワールドカップ(W杯)が開催されるなか、英メディア「90min」では出場全32か国の「ベストプレーヤー」を選出。「どの国にも、才能あふれるスター選手がたくさんいる」と紹介し、日本のグループEからも各国のスター選手を取り上げている。

グループEの日本代表【写真:高橋 学】

記事では「11月21日に開幕するカタール・ワールドカップが迫ってきた。過去最長の予選を経て、6月に本大会に出場する32か国が発表された。どの国にも、才能あふれるスター選手がたくさんいる。ここでは、各チームのベストプレーヤーを紹介しよう」と綴り、各国からベスト選手を1人ずつチョイスした。

日本のグループEには、ドイツ、スペイン、コスタリカが同居。そのなかで11月23日のグループステージ初戦で激突するドイツからはMFヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)を選出している。「ドイツ代表には突出した選手はおらず、全体的に強い。しかし、キミッヒは試合のテンポをコントロールすることができるため、ワールドカップで違いを生み出す可能性を秘めている」と評した。

また、11月27日の第2戦で対戦するコスタリカからGKケイラー・ナバス(パリ・サンジェルマン)が並ぶ。「ナバスは依然として重要な存在。最後のワールドカップとなる可能性が高く、コスタリカ史上最高のGKは母国に誇りをもたらすことを望んでいる」と言及している。

森保Jの6月シリーズはエース不在。指揮官が“大迫未招集”に言及。「彼の男気は素晴らしいと思いますが、その反面…」(SOCCER DIGEST Web)  - Yahoo!ニュース

また、12月1日の第3戦で対戦のスペインからは19歳MFペドリ(FCバルセロナ)が選ばれ、「ペドリが自国のベストプレーヤーと見なされるのは時期尚早だと言う人もいるかもしれない。我々はそうではないと考える。このティーンエイジャーは30歳のベテランのような成熟したプレーを見せ、常に中盤で違いを生み出す」と高い評価を与えた。

一方、日本からは昨季クラブ史上初のヨーロッパリーグ制覇に貢献したMF鎌田大地(フランクフルト)をピックアップ。「日本はワールドカップで上位に食い込む可能性のあるダークホースだ。選手層の厚さには欠けるが、先発メンバー、特に鎌田大地には愛すべき点が多い。この攻撃的MFが、勤勉かつテクニカルで脅威を与える攻撃陣たちの陣頭指揮を執る」と記し、攻撃のタクトを振るうキーマンとして鎌田に注目を寄せている。

『ABEMA』がW杯に向け新番組をスタート! 日本代表選手“個人”にスポットを当てる「THE VOICE」

2022-7-9

カタール・ワールドカップ(W杯)を全試合ライブ放送する『ABEMA(アベマ)』が、レギュラー番組「サッカー日本代表独占インタビュー THE VOICE」を7月13日からスタートする。

W杯本大会に向けてさまざまなコンテンツを放送している『ABEMA』。日本代表選手が出演する「サッカー日本代表独占インタビュー THE VOICE」は、7月13日(水)の23:00~23:30に初回放送が行われ、毎週水曜日にレギュラー放送が予定されている。

番組では日本代表の選手個人にフォーカスし、これまでの選手人生での苦悩や挑戦、さらにW杯に向けた思いを聞くインタビューが収録。初回では、伊東純也と田中碧がそれぞれ15分ずつ登場する。

スタジオゲストには田中の元同僚でもある元日本代表MF中村憲剛氏と、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのVOCALの1人であるRIKU氏が出演。インタビュー映像を基に中村氏が自身のサッカー論から紐解き、学生時代にプロサッカー選手を志した経歴を持つRIKU氏が視聴者の目線も持って盛り上げる。

中村氏は番組の放送に向けて「日本代表選手の『今』の熱い想いも含めて、個人をここまで掘り下げている番組は他にない」と強調。RIKU氏も「サッカーをよく知らない方にも是非見て頂き、日本全体で代表を応援するキッカケがこの番組になったら良い」とコメントしている。

なお、『ABEMA』では「FIFA ワールドカップ64」もレギュラーコンテンツとして配信。バラエティとしての見せ場も多い同番組とは差別化を図り、「THE VOICE」は選手個人の本音をより深く引き出す番組となるようだ。

南野拓実はどうなる? 勝負の決断! W杯目前の移籍は成功か失敗か。日本代表で過去に移籍して選手たちは?

2022-6-29

FIFAワールドカップ カタール2022を約5ヵ月後に控えたこのタイミングでの移籍は、勝負の決断と言える。新天地で活躍しW杯メンバーに食い込むチャンスではあるが、新たなリーグやチームへの順応に苦戦すれば落選する可能性もある。

落選してしまった例を挙げるとすれば、ロシアW杯を5ヵ月後に控えた2018年1月にガンバ大阪からリーズへ移籍した井手口陽介だろう。

2017年に日本代表デビューを飾った井手口は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下で瞬く間に定位置を確保。同年8月31日に行われたアジア最終予選のオーストラリア代表戦では82分にゴールを決め、日本の6大会連続6回目のW杯出場に貢献した。W杯に臨む日本代表メンバー入りも有力視されたいたが、2018年1月にリーズ移籍後にレンタル移籍したスペインのレオネスで出場機会を得られず。欧州移籍後は日本代表から遠ざかり、本大会出場を逃してしまった。

同時期に原口元気も移籍をしているが、この決断は正解だった。

当時ヘルタ・ベルリンに所属していた原口は、17/18シーズン第8節のシャルケ戦での一発退場を境に出場危機が減少。ベンチにも入れない日々が続き、本大会目前で窮地に立たされてしまった。そこで日本代表MFは2018年1月に2.ブンデスリーガ(2部リーグ)のフォルトゥナ・デュッセルドルフへのレンタル移籍を決断。リーグレベルは下がったが、同クラブで主力として活躍したことで本大会に臨む日本代表メンバーに選出された。

世界トップレベルの選手が名を連ねるリバプールに比べれば、ASモナコの方がチャンスは多いだろう。だが、南野にとってリーグ1は初挑戦。さらに、同クラブではポルトガル代表FWジェルソン・マルティンスやオランダ代表FWミロン・ボアドゥらがライバルとなる。

日本代表の10番である南野が本大会メンバーから外れることは考えにくい。だが、リーグへの順応に苦戦やライバル選手との競争に勝てず、出場できない状況が続けば落選する可能性もある。本大会を目前に控えたこの決断は成功か失敗か。果たして。