4年前のW杯から落ちてしまった評価 マグワイアはこのまま復活しないのか「昨季は挫折だった」

2022-7-21

ベスト4に入った2018年のワールドカップ・ロシア大会から4年。イングランド代表の最終ラインを束ねるDFハリー・マグワイアのキャリアはこの4年で大きく変わった。 4年前のワールドカップではお得意のエアバトルも炸裂し、セットプレイからゴールを奪うなど一気にイングランド代表の主力へと登り詰めた。この4年間も安定して代表に招集されており、昨夏のEURO2020でも準優勝に貢献。代表でのキャリアは上々の4年間と言っていいのではないか。

4年前のW杯から落ちてしまった評価 マグワイアはこのまま復活しないのか「昨季は挫折だった」(theWORLD(ザ・ワールドWeb)) -  Yahoo!ニュース

しかし、クラブの方では苦しい時間を経験した。ワールドカップでの活躍もあって2019年にはレスター・シティから8000万ポンドもの移籍金でマンチェスター・ユナイテッドへ加わったが、さすがに移籍金が高すぎた。過度なプレッシャーがかけられることになり、マグワイアはまだその期待に応えられていない。 昨季もチームはリーグ戦で57失点を喫しており、マグワイアにも強烈な批判が飛んできた。

チームとしても個人としても評価を落とすシーズンだったと言える。 それでも今年はW杯イヤーだ。カタール大会へ向けて前を向き、マンUのプライドを取り戻すシーズンにしていかなければならない。英『The Sun』によると、マグワイアも昨季から立ち直ることを誓っている。

4年前のW杯から落ちてしまった評価 マグワイアはこのまま復活しないのか「昨季は挫折だった」(theWORLD(ザ・ワールドWeb)) -  Yahoo!ニュース

「昨季は明らかに僕のキャリアにとっての挫折だった。でも、今の僕たちは前を向き、タイトルを奪い返すことを楽しみにしている。それがすべてだ。僕たちは新しいシーズンを本当に楽しみにしているんだ。選手も、クラブも昨季は良くなかったけど、大きなシーズンへ向けてフレッシュなスタートだ」 今季からは新指揮官エリック・テン・ハーグがチームを率いており、指揮官が代われば景色も変わる。まずはスタメンを確保しなければならないが、マグワイアもテン・ハーグの下で正しい軌道に戻るかもしれない。8000万ポンドの価値があるとサポーターを納得させられるのか、ワールドカップも控える新シーズンはマグワイアにとって勝負の時だ。

イングランド代表MFライス、チェルシー移籍は来夏? ウェストハムにあと1年滞在か

2022-7-16

今夏の移籍も取り沙汰されていたイングランド代表MFデクラン・ライス(23)だが、どうやらもう1シーズンはウェストハムに残るようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。

イングランド代表MFライス、チェルシー移籍は来夏? ウェストハムにあと1年滞在か(超WORLDサッカー!) - Yahoo!ニュース

チェルシーのアカデミーで育ち、ウェストハムのアカデミーでその後育ったライス。2017年7月にファーストチームへと昇格を果たすと、チームの中心としてプレーしている。

ここまで公式戦192試合に出場し9ゴール9アシスト。プレミアリーグでも165試合に出場し6ゴール8アシストを記録している。 イングランド代表としても32試合に出場し2ゴールを記録しているライスは、ウェストハムとの契約が2024年6月30日までとなっている。

ライスはチェルシー復帰に関心? 「マウントと再びクラブでも一緒にプレーしたい」【超ワールドサッカー】

古巣であるチェルシーが予てから狙い続けている中、マンチェスター・ユナイテッドも興味を示している。 チェルシーには、ユース時代から知るイングランド代表MFメイソン・マウントもいるため、移籍が濃厚と見られている中、ジャーナリストのアレックス・クルック氏によれば、あと1年はウェストハムに残るだろうと見解を示した。

ウェストハムは昨シーズン限りでマーク・ノーブルが退団。ライスはキャプテンを引き継ぐことになるとし、残り1年になるまではウェストハムに残る紳士協定があるはずだとした。 チェルシー側も、来夏の獲得を目指すとし、何が起こるかわからないとしながらも、今夏の移籍はないとの見立てのようだ。

6月のイングランド代表デビューでW杯行きが近づいたボーウェン どうなる9月のメンバー入り

2022-7-13

6月にイングランド代表デビューを飾ったウェストハムのFWジャロッド・ボーウェン。オフシーズン中にも、11月に行われるカタールW杯への想いを募らせていたようだ。 昨季はウェストハムでリーグ戦36試合12ゴール10アシストと大活躍を見せたボーウェン。

6月のイングランド代表デビューでW杯行きが近づいたボーウェン どうなる9月のメンバー入り(theWORLD(ザ・ワールドWeb)) -  Yahoo!ニュース

チーム得点王&アシスト王の活躍で、リーグ戦7位やヨーロッパリーグベスト4到達といった好成績の原動力となった。 イングランド代表指揮官のガレス・サウスゲイト監督は、6月のネーションズリーグ4連戦でボーウェンを初招集。チームは0勝2敗2引き分けと大きな不安を残す結果に終わったものの、ボーウェンは初戦のハンガリー戦からいきなり先発出場を果たし、4戦全てで出場機会を与えられた。

その後オフシーズンを過ごしたボーウェンは、先日行われた『Amazon』のイベントに出演し、昨季限りでワトフォードを退団となった元イングランド代表GKベン・フォスターと共演。英『Daily Mail』によれば、ボーウェンはそこでイングランド代表への想いを明かしている。

6月のイングランド代表デビューでW杯行きが近づいたボーウェン どうなる9月のメンバー入り (2022年7月12日) - エキサイトニュース

「イングランド代表に選ばれたことはもちろん嬉しかったけど、プレイできるかどうかはわからなかったし、ただの一経験だった。でもプレイできた時は夢のようだったよ」 「国のためにプレイするのはいつだって特別だけど、W杯に出場するためには、今季どうなるかを見ないといけない。でも出場したいね」 「オフシーズン中に、W杯でプレイすることを考えなかったと言えば嘘になるよ」 プレミアリーグは8月初旬から開幕するが、9月末には次の代表ウィークが控えている。

よっぽど調子を落とさなければ、引き続きボーウェンが招集される可能性もありそうだが、できればリーグ開幕からロケットスタートを見せたいところ。6月の4連戦ではチームを勝利に導くことができなかったが、次回こそは代表での初勝利や初ゴールを味わおうと意気込んでいるはずだ。