浦和ロドリゲス監督、今夏の補強“完了”宣言 新戦力リンセンに期待「ユンカーと共存できる」

2022-7-15

J1浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督は、7月15日のトレーニング後に定例のオンライン会見を実施。前日に加入記者会見があったオランダ人FWブライアン・リンセンの獲得に「これでメンバーが揃った」と話した。

リンセンはオランダの名門フェイエノールトから加入。会見に同席した西野努テクニカル・ダイレクター(TD)は、「去年の夏から追い続けていた。この冬のマーケットで違う選手を獲得するか、夏にリンセンを獲得するか選択肢があったが、結果的にリンセンを夏に獲得することを選んだ」として、その獲得を「ラストピース」と表現した。

浦和ロドリゲス監督、今夏の補強“完了”宣言 新戦力リンセンに期待「ユンカーと共存できる」(FOOTBALL ZONE) - Yahoo!ニュース

ロドリゲス監督はリンセンについて「チームのスタイルを考えると非常に合致する。ポリバレントで複数ポジションができて、プレスもでき、両足でシュートが打てる。上背はそれほどない(170センチ)が、ヘディングも持っている。経験やキャリアも積んできた選手だ。これからチームのやり方を学んでもらって融合していきたい。リンセンはかなり前からチェックしていて、キャスパー(・ユンカー)とも共存できる。キャスパーを使う時にはサイドでも使える」と、期待を込めている。

浦和は今季のスタートにあたり、ストライカータイプの選手がユンカーと高卒ルーキーFW木原励のみという編成だった。ユンカーが負傷がちななかで、左サイドバックなどでもプレーするDF明本考浩や、サイドハーフとして鋭いドリブル突破を持つMF松尾佑介、本来はセカンドトップと言えるFW江坂任といった選手たちで最前線をやり繰りしてきたが、強力な選択肢が増えたと言えるだろう。

J1のサッカーニュース・速報 | フットボールゾーン

もっとも、ロドリゲス監督は欧州でのシーズンを終えてからの獲得になったリンセンについて「向こうで自主トレを行っていて、こちらにきてチームで強度を上げたトレーニングを行っていく。時差ボケもかなり解消されているけど、シーズン終わったところでしっかり休んでもらってコンディションを上げていく段階にある」と話している。

それだけに、登録上は16日の清水エスパルス戦から出場可能ではあるものの、現実的にはE-1選手権によって中断する期間を経てからになるだろう。実際に指揮官も「怪我人も少しいるけど、その時期に戻ってきてくれれば。この2週間は8月の連戦に向けたキャンプのようにしたい。8月には大事な試合が待っている」と、リーグ戦と並行してルヴァン杯の準々決勝2試合と、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメントが入る来月を見据えている。

待望の獲得となったリンセンの加入で、ロドリゲス監督は「これでメンバーが揃ったと感じるので後半戦をしっかり戦いたいし、今後のシーズンが輝くようにしたい」と話す。6月の中断明けはリーグ5試合で3勝2分と復調傾向にある浦和だが、リンセン獲得が巻き返しの起爆剤になる可能性を秘めているといえそうだ。

【浦和】ロドリゲス監督、新加入リンセンに期待「戦えるメンバーがそろった」

2022-7-15

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督(48)が、新加入したFWブライアン・リンセン(31)の融合を待ち望んだ。

16日清水戦(アイスタ)を前に、オンライン取材に対応。前日に入団会見を行ったリンセンについて、大きな期待を寄せた。

「我々のチームスタイルを考えると非常に合致する選手。ポリバレントで複数ポジションができて、前線からプレスかけられて、両足でシュートを打てる。ヘディングも持っている。経験、キャリアも積んでいる選手」

浦和】ロドリゲス監督、新加入リンセンに期待「戦えるメンバーがそろった」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

オランダ1部フェイノールとから移籍したリンセンにとって、通常であれば今の期間はオフからシーズンに向かっていく時期。「こっちに来て、チームで強度上げたトレーニングを行っているところ。シーズンが終わったところでしっかり休んでもらって、コンディション上げていく段階。フィジカルもこれから挙げていく」と説明した。

浦和ロドリゲス監督、対戦の"神戸トリオ"を名指し警戒「以前よりもプラスが増えている」 | フットボールゾーン

MFモーベルグ、FWシャルクに続いて、今季3人目となる新外国人の加入。「戦えるメンバーがそろったと思っている。これでメンバーがそろった。後半戦しっかりと戦いたいし、今後のシーズンが輝くようにしていきたい」。現在チームは9位まで浮上。充実した布陣でここから一気に勝ち星を積み上げたい。

【日本代表】J1首位横浜から7人選出 Jリーグ創設以降同一チーム最多出場は06年浦和の6人

2022-7-14

サッカーの東アジアE-1選手権の日本代表が13日、日本サッカー協会から発表された。J1首位の横浜F・マリノスから初代表のMF水沼宏太、宮市亮、西村拓真、岩田智輝、藤田譲瑠チマ、畠中槙之介、小池龍太の7人が選出された。森保監督は「シンプルにJリーグでトップを走っているチームだということ。内容も強度の高い戦いをして、個のクオリティーを発揮している」と語った。

日本代表】J1首位横浜から7人選出 Jリーグ創設以降同一チーム最多出場は06年浦和の6人 - 日本代表 : 日刊スポーツ

Jリーグ創設以降、国際Aマッチ1試合における同一チームの最多出場人数は浦和レッズの6人。オシム監督が率いた2006年8月9日の親善試合トリニダード・トバゴ戦で、三都主アレサンドロ、坪井慶介、田中マルクス闘莉王、鈴木啓太、長谷部誠、田中達也が同時に出場した。この強力メンバーをそろえた同年の浦和はJ1を初制覇。今季のJ1で首位に立つ横浜は、浦和の記録を更新する可能性がある。

首位横浜から7人、4位広島から6人も…2位鹿島からは日本代表の選出ゼロ。森保監督が明かしたそのワケとは?(SOCCER DIGEST Web) -  Yahoo!ニュース

Jリーグ創設前には、横浜の前身クラブである日産自動車が1984年4月21日のロサンゼルス五輪予選イラク戦で6人。水沼宏太の父である水沼貴史が、金田喜稔、木村和司、柱谷幸一、越田剛史、田中真二とともに出場していた。

なお、戦前を含めると、大阪サッカークラブの8人が最多となっている。

◆東アジアE-1選手権 東アジア・サッカー連盟(EAFF)が主催する国際大会で16年から現名称に。基本的に2年に1回で、国際Aマッチデーの開催でないため、海外組の招集は困難。決勝大会として東アジア4チームが参加する。

【浦和レッズ】リンセン来日で「臨戦態勢」!

2022-7-12

浦和レッズは7月11日、フェイエノールトから獲得したオランダ人FWブライアン・リンセンの来日をツイッターで発表。ユニフォームを持った姿にサポーターは大きな盛り上がりを見せている。

■リンセン来日で臨戦態勢

■新たな背番号9が復調を助けるか

【浦和】「伊藤敦樹がバラックに見えた」! FC東京戦で埼スタを沸かせた圧巻場面に「セルティックに引っこ抜かれそう」

2022.07.12

■「セルティックに引っこ抜かれそう」

【浦和】「奇襲システムのFC東京」粉砕の3発快勝! 後半4分に凝縮された「勝ち切り方」と「確信の歓喜」

2022-7-11

■4-3-3ではなく4-4-2でスタート

■次につながる勝利

【浦和レッズ】「覚醒の予感」MF大久保智明は浦和を上昇に導けるか?(2)好調の秘訣は「あえて体が動くままにするトレーニング」

2022-7-9

いまだに11位と波に乗り切れない印象の浦和レッズだが、好調のMF大久保智明がチームの突破口となるかもしれない。

大久保は第17節の名古屋戦で今季初スタメンを飾ると、そこから4試合連続で先発を果たしている。切れ味の鋭いドリブルが魅力で、先発したいずれの試合でも2~3本のシュート数を記録している。果敢にゴールを狙う大久保のプレーが起点となって、決定機が生まれるシーンも多い。6日に行われた京都戦でも、惜しくも得点とはならなかったものの、ゴールという結果まではあと少しというところまで来ていて、まさしく“覚醒前夜”と言える。

京都戦後、大久保に好調の理由について尋ねると、“秘密の特訓”について明かしてくれた。「以前は、少し(プレー中に)考え過ぎてしまうところがあった。今、個人的なトレーニングでは体が勝手に反応するようなトレーニングをしているので、それが今、実戦的に試合中でも(結果として)出てきているのかなと思います」と話す。

「近い距離でパスを繋ぐ練習でも、すごく速いテンポでやってみたりすると、自分でも咄嗟に体が動くというか、そういった手応えを感じています」と話す大久保は、こういった練習を去年の年末から意識して取り組んでいたという。個人練習においても敢えて深く考え過ぎずに体の動くままにプレーをすることで、試合中にも成果が表れてきているようだ。

浦和レッズFWユンカー、“七夕大喜利”に回答した「和製ハーランド」のお願いを実現! 「ユンカーさんの髪型になりたい」に”神対応”ならぬ”髪対応”

2022-7-9

■七夕大喜利での「お願い」を実現

ユンカーは7月7日、自身のツイッターにて「皆さんは何を願いますか?」と、七夕のお願いを募った。この問いかけには数多くの回答が寄せられ、話題になっていた。

300百件以上ある回答の中で、特に話題になっていたのが札幌のFW中島からのお願いだ。和製ハーランドとも呼ばれる期待の若手は、「ユンカーさんの髪型になりたい」と、ユーモアなリプライを送っていた。  すると翌8日、ユンカーがこのお願いを実現。中島の顔写真に、自身のトレードマークである金髪を合成して貼り付けたコラ画像を投稿した。 ”神対応”ならぬ粋な“髪対応”には1万件以上のいいねがつけられ、中島もリツイート。ファンからは「最高すぎるやろ」や「全然違和感ないやん」など、多くのコメントが寄せられている。

■「ユンカー復帰」のお願いも実現する?

中島の回答の他にも、「ショルツと流しそうめん食べれますように」や「お風呂サイズの茶碗蒸しが食べたい」などたくさんのお願いが見られた。

そうしたなかで最も多かったのが、「キャスパーの怪我が早く治りますように」や「浦和レッズに関わる皆様の幸せとユンカー選手の回復をお祈りします」といったユンカーの復帰を願う回答だった。もちろん、その願いを送った人たちの大半は浦和サポーターだ。

ユンカーは6月26日のJ1リーグ第18節ヴィッセル神戸戦で1か月ぶりの出場を果たしたが、開始わずか7分で負傷交代。今シーズンここまでリーグ539分間の出場に留まっている。

数えきれないほどの浦和サポーターの願いが叶い、背番号7が再び躍動する日を楽しみにしたい。

 

浦和レッズと京都の5人が試合後に埼スタで記念撮影! J1の舞台でのうれしい再会に「強面の指揮官もニンマリ」

2022-7-8

浦和レッズと京都サンガが対戦した、7月6日のJ1リーグ戦。その前日に、野々村芳和チェアマンが「声出し応援」について浦和に罰金2000万円を科すことを裁定委員会に諮問すると明らかにするなど、ピッチ外でも注目を浴びた試合となった。

その試合後、埼玉スタジアムで両チームの選手と監督の5人が記念撮影をしていた。その写真をツイッターに投稿したのは、流通経済大学体育局サッカー部。そう、写真に収まったのは、このサッカー部にゆかりのある5人なのだ。

浦和レッズで写真に写ったのは、伊藤敦樹宮本優太安居海渡の3人。京都からは、貴裁監督と アピアタウィア・久の2人だ。ツイッターには、「2020年シーズンを共に闘った5名が、Jリーグの舞台で再会」と書かれており、それぞれ所属チームを交互にする形で並んでいる。ピッチの上では強面で知られる監督も、教え子たちとの再会に思わずニンマリ顔だ。

この試合に、伊藤とアピアタウィアの2人は先発フル出場を果たし、宮本優太はベンチ入りしたものの出場機会が訪れなかった。また、安居はベンチメンバーから外れていた。

この写真には、次のようなコメントが寄せられている。

「ムッチャいい監督もアピも嬉しそう」 「素晴らしいショット ぜひ来年は皆京都で…!」 「流経大は有望なJリーガーをたくさん送り出してるんだよね~」

■伊藤と宮本は引用リツイート

伊藤自身もこのツイートを引用する形で、「やっぱりピッチでの再会は最高ですね。さん、アピありがとうございました」と感謝と喜びを表し、同様に宮本も「ベンチから見る姿は逞しかったし、刺激になりました。いつでも暖かく迎えてくれるさんには感謝しかないです。ありがとうございます。次はピッチの上で会いましょう 自分も頑張ります!!」と奮起している。

監督は2020年3~12月まで、同大サッカー部でコーチを務めていた。伊藤とアピアタウィアは1998年生まれ、安居は2000年2月生まれ、宮本は1999年12月生まれ。伊藤とアピアタウィア、そして安居と宮本で年齢は違うが、学生時代をともに過ごしただけに感慨深いものがあったはずだ。

この試合は2-2でドローとなっており、勝者も敗者も生まれなった。次回ピッチで再会するときには、どちらが白星をつかむのか。今から楽しみだ。

 

 

「ワクワクさせてくれる」浦和モーベルグの美技連発プレー集に反響!「止められないドリブルとスペシャルな左足」

2022-6-29

Jリーグは6月27日、公式ツイッターで浦和レッズに所属するダヴィド・モーベルグのプレー集を公開した。   モーベルグはここまでリーグ戦で9試合に出場し3ゴールを記録。左足から放たれる正確なキックや切れ味鋭いドリブルで数多くのチャンスを演出している。26日のヴィッセル神戸戦では、終了間際にドライブがかかった圧巻の直接FKを沈め、周囲の度肝を抜いた。

アップロードされた動画にはその神戸戦のゴールはもちろん、ジュビロ磐田戦の相手DF3人を翻弄して決めたスーパーゴールなどが収録されている。

この投稿にSNS上では、「ドライブシュート凄かった」「ずっと見てられる」「見れば見るほど好きになっていく」「ワクワクさせてくれる」「止められないドリブルとスペシャルな左足」「切れ味鋭いなぁ」「試合に出れば活躍してくれるから使ってほしい」などの声が上がった。

シーズンの前半戦は思うような成績を残せていなかった浦和だが、直近2試合は連勝を飾るなど波に乗りつつある。上位浮上を目論むチームを、スウェーデン人の28歳レフティが、その華麗なプレーでさらに勢いづかせることができるか注目だ。