浦和“背番号9”がいよいよ決定! フェイエノールトFWリンセンが加入! メディカルチェック後に正式契約へ

2022-6-29

浦和レッズは27日、オランダ・エールディビジのフェイエノールトFWブライアン・リンセン(31)の完全移籍加入についてクラブ間で合意に至ったことを発表した。今後、日本でのメディカルチェックを経て、正式契約となる。背番号は9を着用する。
リンセンはフォルトゥナ・シッタートでプロキャリアを始めると、マーストリヒト、VVVフェンロ、ヘラクレス・アメロ、フローニンゲン、フィテッセ、フェイエノールトとオランダ国内でプレー。今回、初の海外挑戦となる。

クラブ公式サイトでは、リンセンの特長について「前への推進力・スピードがあり、テクニックも兼ね備えた得点力高いストライカー。周囲の選手を活かすプレーもでき、守備面での貢献も期待できる」と紹介。今回の挑戦について、リンセンは「この浦和への移籍は私のひとつの夢が叶った瞬間でした」と語っている。
「私のキャリアの中での新しい章が始まることを、とても楽しみにしています」

「18歳からオランダのプロサッカーリーグでプレーしていて、最後の2年間はフェイエノールトでプレーしました。フェイエノールトでは素晴らしい時間を過ごすことができ、非常に誇りに思っています」
「私は海外でプレーする夢を今まで持ってきました。それは皆さんも知っていることだと思います。この浦和への移籍は私のひとつの夢が叶った瞬間でした」
「偉大なクラブであり、素晴らしいスタジアムがあり、多くのファン・サポーターが浦和レッズにはいます。これから始まる新しい生活、これから出会う人々のことを思うと今から待ちきれません。浦和レッズのユニフォームを着た最初の試合を心待ちにしていますし、それが素晴らしい時間になることを祈っています」

「もう一度オレンジを着て」 エスパルス北川選手復帰会見 背番号“45”の理由は

2022-6-29

巻き返しへの即戦力となることが期待されます。3シーズンぶりに清水エスパルスに復帰する北川航也選手が23日会見に臨み、「ヨーロッパでの経験をチームに還元したい」と意気込みを語りました。

北川選手 「もう一度オレンジのユニフォームを着て、日本平のピッチに立ちたいという思いが強かったです」 オーストリアから帰国後、北川選手は20日にチームに合流し、ランニングなどの調整メニューをこなしてきました。

練習ではフィジカルトレーニングやボールを使ったメニューをこなしていて、コンディションも順調に上がっている模様です。 エスパルスは現在プレーオフ圏の16位。J1残留、そして上位進出へ、ヨーロッパでの経験も生かしリカルド監督の掲げる「ハードワーク」でも貢献していきたいと意気込んでいます。

北川選手 「(球際は)間違いなく激しいです。これは体感した人でなければわからない部分が大きくて。なかなか伝えるのが難しいのですけれど、私がトレーニングの中から変えていけると思っている」 北川選手の新たな背番号は45。早ければ7月16日のホーム浦和戦から出場が可能となります。

北川選手が3年前につけていた背番号は「23」。今回選んだ「45」ですが、「2・3」から「4・5」と夢の続きをこのチームで右肩上がりで成し遂げていきたいという思いを込めたと語っていました。

 

ポルトガル1部ギマラエスに期限付き移籍のDF小川諒也が出国「いい報告ができるように」

2022-6-29

FC東京からポルトガル1部ギマラエスへ期限付き移籍した日本代表DF小川諒也(25)が28日、羽田空港からポルトガルに向けて出発した。自身初となる海外移籍を前に「まずはポジションを取りに行くところからスタート。がむしゃらにプロに入った時のように、自分をアピールしていきたい。必ずポジションを取って、日本にいるFC東京のファン、サポーターにいい報告ができるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

千葉・流通経大柏高から15年にFC東京に入団。左足の正確なクロスと身体能力を武器にした左サイドバックで、これまでJ1通算133試合に出場した。昨年3月には森保一監督(53)率いる日本代表にも初選出された。「自分が7年半過ごして、このチームで良かったと思えるチームでした」と自身を育ててくれたFC東京に感謝した。

今後は29日にメディカルチェックを受け、チームに合流。来月3日からはトレーニングキャンプを行う予定という。11月に開幕するカタールW杯のメンバー入りも期待される25歳は「ヨーロッパに行くのはまずは第一歩で、ゴールでも何でもない。日本代表に戻れるように意識してやっていきたい」と力強く言い切った。

マリノス4連勝 マスカット監督「サポーター気持ちよく帰れる」

2022-06-28

首位の横浜マが前半のゴールラッシュで試合を優位に進めて4連勝。前半17分にMF西村拓真の右足シュートで先制。同19分にはFWレオセアラ、同28分はFW水沼宏太が追加点を決めた。

本格的な夏の到来を予感させる蒸し暑さがスタジアムを覆う中、すがすがしく鮮やかなゴールラッシュだった。「サポーターが気持ちよく帰れるような内容だった」。注目の上位対決を制した横浜マのマスカット監督がそう語るほど、文句の付けようがない戦いぶりだった。

ボールを奪うと前へ前へと運ぶ。連動した超攻撃的なスタイルは90分間止まることなく、これぞ首位を走るチームだと言わんばかりだった。前半17分、MF藤田譲瑠チマの縦パスからペナルティーエリア付近でボールをつなぐ。最後はMF西村拓真が右足を振り抜くと、柏の守備陣に当たったボールはふわりと浮いてネットを揺らした。

酷暑の中、欲しかった先制点を奪うと一気に流れに乗る。2分後にはFWエウベルが柏の最終ラインからボールを奪う。FWレオセアラにラストパスを送って追加点。さらに9分後には距離のあるスローインに対し、レオセアラが胸でトラップ。それを受けたFW水沼宏太が右足で押し込み、前半だけで3点を挙げた。

2月の対戦では、高い位置でプレスを仕掛ける中で柏に背後を突かれ、失点を重ねて逆転負け。戦術を研究して臨んだこの日はコンパクトな陣形でパスコースを消すシーンが多くみられ、相手アタッカー陣に仕事をさせなかった。

4連勝でがっちり首位をキープ。全得点に絡んだレオセアラは「練習してきたことが形になっている。優勝に向けて落とせる試合なんてない」。チームの強みを存分に生かし、3年ぶりの王座奪還へ突き進む。

レオ・セアラの“季節”が到来「暑い方がいい」。柏レイソル戦で2得点2アシスト、横浜F・マリノスの全得点に絡み快勝

2022-06-28

圧巻のパフォーマンスでマリノスを快勝に導いたのは、FWレオ・セアラだった。1トップとして先発出場したブラジル人ストライカーは、17分にMF西村拓真の先制点をアシスト。直後の19分にはFWエウベルからのお膳立てを受けて追加点を奪った。

レオ・セアラは「95%はエウベルの得点だと思う。どフリーで、もう決めるだけだったので、『エウベル、本当にありがとう』と伝えなければいけない」とアシストしたチームメイトへの感謝を口にする。

自身の今季リーグ戦3得点目となったゴールは、前線からのプレッシングによって生まれた。柏のビルドアップに圧力をかけ、DF上島拓巳のコントロールを見逃さず狙っていたエウベルがボールをカット。そのままゴール前でGKと2対1の状況を作り、フリーのレオ・セアラに「決めるだけ」のパスを通した。

「アナリストにも非常に有能な人材が揃っている。この試合だけでなく、毎試合『そこを突いていこう』というのを、いつも僕たちに落とし込んでくれる。今日の試合はその狙いがうまくハマって、プレスも良かったし、そのプレスで1点決めることができた。本当にアナリストたちを称えなければいけないし、分析をしっかりと聞いて実行したピッチ上の選手たちも称えなければいけない」

レオ・セアラは前半戦で敗れていた柏へのリベンジを達成したチームの、勝利を目指す姿勢を誇った。相手の狙いをことごとく潰し、主導権を握ったマリノスは28分にレオ・セアラのアシストからFW水沼宏太が3点目を挙げ、後半開始早々の47分にはセットプレーからレオ・セアラがゴールネットを揺らしてリードを4点に広げた。

「選手は常に準備をしていなければいけない。チャンスはいつ来るかわからない。僕は今スタメンで出られているので、しっかりとチャンスをものにしようという気持ちでやっているし、第一にチームが勝つためのプレーをしたいし、チームに貢献したい気持ちは大きい。チームが勝ててすごく嬉しい」

あくまでチームプレーに徹した結果が、来日以降最高とも言えるパフォーマンスにつながった。攻撃ではポストプレーで起点となり、ボールを失った瞬間に守備へ切り替えて積極的に空いてボールホルダーへ寄せていく。レオ・セアラは攻守にチームを活性化しようとピッチ上を奔走した。

今季前半戦はFWアンデルソン・ロペスが継続的に起用されていたこともあって、レオ・セアラに与えられる出番は限定的だった。ほとんどが途中出場で、なかなかゴールが決まらず調子も上がらない。

そんな状況でも27歳のブラジル人ストライカーは腐ることなく努力を続け、常に準備を怠らなかった。

「僕たちにとってすごく素晴らしい試合だったと思うし、パフォーマンスも良かった。最初から最後まで支配した試合だと思う。難しい試合になるのはみんなわかっていたし、ホームで支配しなければならないというメンタルで入った。久しぶりの日産スタジアムで、こうやってファン・サポーターの皆さんの前で勝つことができたのは本当に気持ちよかった」

昨年はリーグ戦で27試合に出場し10得点を挙げたが、うち6得点は真夏の8月に奪った。家族の来日の目処が立ち、「寒いと暑いなら、僕の出身地は本当に暑いので、究極どちらが良いかと聞かれたら暑い方がいい」と日本の夏にも順応できたが故のゴールラッシュで、J1リーグの月間MVPも受賞していた。

気温28度・湿度70%と真夏のような気候の中で行われた柏戦の2得点2アシストを目の当たりにし、改めて今年も“レオ・セアラの季節”が来たと感じる。

「僕としては常にチームに貢献したいという気持ちでやっているので、今日は2得点2アシストでチームに貢献できたと思う。毎試合それができれば一番いいし、今の活躍を続けていけたら」

抜群の献身性と得点力を兼ね備えたトリコロールの背番号9には、梅雨が明けてこれからやってくるであろう真夏にさらなる大爆発を期待したいところだ。

 

青森山田が横浜F・マリノスユースに完封勝利!川崎フロンターレU-18はFC東京U-18に逆転勝利!プレミアEAST第10節

2022-06-28

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EASTの第10節が6月26日に実施された。

現在首位の川崎フロンターレU-18(神奈川)はFC東京U-18(東京)のホームに乗り込み対戦。FC東京U-18に先制ゴールを許すも、前半に3点を奪い逆転。3-1のまま逃げ切り、川崎フロンターレU-18が首位を守った。また、前節で連敗を止めた青森山田(青森)は、MF芝田玲とFW小湊絆のゴールで横浜F・マリノスユース(神奈川)を2-0で下し2連勝を飾った。

流通経済大柏(千葉)対前橋育英(群馬)の一戦は、流通経済大柏がFW大堀柊人の決勝ゴールで前橋育英との高体連勢対決を1-0で制した。大宮アルディージャU18(埼玉)と対戦した市立船橋(千葉)は、FW郡司璃来とFW丸山侑吾のゴールにより2-1で大宮アルディージャU18に勝利している。

その他横浜FCユース(神奈川)は桐生第一(群馬)を6-3で撃破。柏レイソルU-18(千葉)はJFAアカデミー福島U-18(静岡)の一戦は、柏レイソルU-18が3-1で勝利している。

元札幌・鈴木武蔵や柏・細谷真大も候補?STVV監督がFW獲得熱望か

2022-06-28

元日本代表MF香川真司(33)を擁するシント=トロイデンVV(STVV)は、元北海道コンサドーレ札幌の日本代表FW鈴木武蔵(28)や柏レイソル所属のU21日本代表FW細谷真大(20)の獲得に動くかもしれない。27日、ベルギーメディア『VOETBAL』が伝えている。

STVVは2021/22シーズンにFW鈴木優磨(26)、FW原大智(23)、日本代表FW林大地(25)などを擁していた。しかし鈴木優磨が年明けに鹿島アントラーズへ復帰すると、原大智はレンタル期間満了によりシーズン終了後にデポルティーボ・アラベスに復帰している。

さらに鈴木優磨の後釜として加入したFWジョアン・クラウス(25)は、わずか半年で米国クラブへ移籍したほか、コンゴ民主共和国代表FWネルソン・バロンゴ(23)もポーランド国内クラブへ移籍。現時点でのSTVV在籍ストライカーは、林大地とFWファティ・カヤ(22)のみと新シーズンにむけて不安を抱えている。

『VOETBAL』は新戦力のカヤについて「カヤがどのような役割を担えるかはまだ分からない。彼はドイツで膝を痛めながらシーズンを終えている」とコンディション不良を指摘。その上で「ベルント・ホラーバッハ監督は、あと2人のアタッカーを獲得することを望んでいる。彼らがプレシーズントレーニングに参加できるかは、不透明だ」と、STVVが前線の強化に乗り出す可能性を伝えている。

そのSTVVの新戦力候補として、『VOETBAL』などベルギー国内の複数メディアは以前から鈴木武蔵と細谷真大を挙げている。

鈴木武蔵は2020年8月、北海道コンサドーレ札幌からKベールスホットVAへ完全移籍。2021/22シーズンはリーグ戦でわずか13試合の先発出場にとどまると、KベールスホットVAも2部に降格。2部降格時に適用可能な退団条項の行使をクラブ側に申し入れたことにより、今夏退団が確実とみられている。

一方の細谷真大は2020年に柏レイソルのトップチームへ昇格。ネルシーニョ監督のもとで頭角を現すと、今季は開幕からレギュラーに定着。ここまでリーグ戦ほぼ全試合で先発出場して6ゴール3アシストと結果を残しているほか、今月にはU21日本代表の一員としてAFC U23アジアカップを戦っていた。

なおSTVVの立石敬之CEO(最高経営責任者)は4月下旬、今夏の移籍期間では現有戦力の維持に努める方針であることを明かしていた。原大智の完全獲得にむけた交渉が失敗に終わったと伝えられているだけに、日本人ストライカーの獲得に向かう可能性が考えられる。

 

「利き足は頭なのでは?」 札幌MF、キレのある中央突破で守備陣打開…“コンビ”で崩したヘディング弾に反響

2022-06-28

北海道コンサドーレ札幌は6月26日、J1リーグ第18節でガンバ大阪と対戦し、1-0で勝利。リーグ4試合ぶりの白星となったこの試合を決めたMF駒井善成の中央突破のドリブルからのヘディング弾にファンから「利き足は頭なのでは?」「何回も見ちゃう」とコメントが寄せられている。

札幌は試合の主導権を握るなか、前半20分にはMFガブリエル・シャビエルのシュートがネットに突き刺さるも、オフサイドの判定で得点とはならなかった。その後も押し込む展開が続き、ハーフタイムを挟んだ後半6分、駒井が試合の均衡を破る。

ハーフウェーラインを超えたやや左の位置でボールを持つと、キレのあるドリブルで中央へ突破。G大阪ディフェンス陣3人の合間を縫うように抜けると、ペナルティーエリア手前で、右サイドから上がってきたMF金子拓郎へ。金子の完璧な折り返しを駒井がヘディングで合わせ、札幌が待望の先制点を手にした。この1点を守り切り、札幌は5月22日の第14節ジュビロ磐田戦(2-1)以来、リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。

キレのあるドリブルから金子とのコンビネーションで決めた駒井の一撃に、SNS上でファンからは「利き足は頭なのでは?」「何回も見ちゃう」「ヘディング上手すぎ」「ドリブルすげぇな!」「綺麗な流れ」「これぞ駒井善成!なドリブル」と賛辞が送られていた。

【磐田】遠藤保仁CKから伊藤槙人のJ1初得点で追い付きドロー「勝ち点1は自信」伊藤彰監督

2022-06-28

ジュビロ磐田は苦しみながらも、勝ち点1を積み上げた。

前半は終始ボールを握られ、防戦一方だった。同33分、1本のパスで自陣左サイドの背後を突かれ、先制点を献上。前半はシュートを打てず、1点ビハインドで折り返した。後半は前線からプレスをかけて徐々に押し返すと、同40分にMF遠藤保仁(42)の右CKからDF伊藤槙人(29)がヘディングで同点弾。守備の要が挙げたJ1初ゴールで追いつき、引き分けに持ち込んだ。

磐田の伊藤彰監督(49) 最後に押し込めたことも、ファン、サポーターの応援があったからこそ。前半の入りにプレッシャーをかけたかったが、受けてしまった。前向きでボール保持者に対して、プレッシャーが甘かったところが反省点。相手のクオリティーが高かった。後半は前から守備をしながら、ゲームをコントロールしたかった。後半はプラン通り。セットプレーが1つの鍵になるということで、チャンスはあると思っていた。そこで取れたことはよかった。勝ち点1を取れたということは自信になった。これを逆転できるように力をつけていきたい。

プロ8年目でJ1初ゴールを挙げたDF伊藤 ボールがよかったんで、合わせるだけだった。ゴールは素直にうれしい。前半は相手がうまくて、厳しいゲームになった。ただ、追いつけて勝ち点1を取れたことはチームとしても大きい。今日は失点してしまったので、次は無失点に抑えられるようにやっていきたい。

「スタンドに冨安!」 アーセナル冨安の“Jリーグ現地観戦”にファン騒然「23歳に見えない貫禄」「手振り返してくれた」

2022-06-28

アビスパ福岡が6月25日のJ1リーグ第18節でサンフレッチェ広島と対戦。この一戦に日本代表の森保一監督、日本代表DF冨安健洋(アーセナル)が観戦し、「スタンドに冨安!」「23歳に見えない貫禄」などの声がファンから上がり、騒然となっている。

国内組で臨む7月のE-1選手権に向けてメンバー選考作業を進める森保監督がこの一戦を視察。一方、同じ会場のスタンドでは冨安も観戦しており、現地でもすぐさまファンに発見されて反響が広がった。

試合は広島が先制したなか、この日29歳の誕生日を迎えた福岡FW渡大生が前半37分に同点ゴールを叩き込む。スポーツチャンネル「DAZN」では、古巣のゴールに喜ぶ冨安の様子をライブ配信で届けていた。  現在23歳の冨安は福岡の下部組織出身で、トップチームを経由して海を渡った。その後、シント=トロイデン(ベルギー)、ボローニャ(イタリア)で活躍し、2021年夏のアーセナル加入後は世界的にも注目される存在へと飛躍を遂げている。

6月シリーズの代表戦に招集され、同月下旬には古巣・福岡の下部組織で選手を指導した冨安の観戦姿に「冨安いるのかよ~行けばよかった」「冨安くん手振ったら振り返してくれた」「渡選手のゴールの時に嬉しそうな冨安をカメラに抜くDAZNのカメラスイッチャーさん、ありがとう」「冨安かわいい」「23歳に見えない貫禄」などの声が続々と上がっていた。