PSG戦で「Jリーグと違う楽しさ」を感じるも…小林悠「やるからには勝ちたかった」

2022-7-22

川崎フロンターレに所属するFW小林悠が、20日に行われたパリ・サンジェルマン(PSG)戦を振り返った。

56分から途中出場した小林は1-2で敗れた試合を振り返り、「追いかける展開だったので、前からどんどんボールを追いかけてマイボールの時間を増やそうかなという感じだったんですけど。でも、パス出してくれればというシーンもあったので。でも、楽しかったです」とコメント。「(PSGには)うまさも、強さもあって。

(守備が)はまらないから追いかけてという感じだったんですけど。前半から出ている選手たちは最後、中盤がきつくなっていた。交代した選手は行けるけど、後ろがきついという感じ。なかなか後ろで余っている選手たちも多かったので、行ったら前から連動して行った方がいいし。でも追いかける展開だったので、そうするしかなかった感じなので、難しかったですね」と、ワールドクラスの選手たちの実力を肌で感じた感想を述べた。

守備で牽引した小林悠、単独プレスになったことは「みんなで連動して行った方が良かった」 (超WORLDサッカー!) - Yahoo!ニュース

また、小林は「楽しかった」点にも詳しく触れている。 「一人ひとりの幅というか、ボールの取れる幅、体の大きい選手、足の深さというか、スライディングの深さを感じると、Jリーグと違う楽しさを感じました。抜け出せたかなと思ったシーンでも相手が届いたり、一人ひとりの守れる範囲だったりの違いは日本人との差なのかなと思いました」 「レベルの高い選手たちとやることで、もっともっと努力しなければいけない気になりますし、もっと成長したいという1日になりました」  2010年から川崎Fでプレーを続ける小林は、2015年にドルトムント、2019年にチェルシーとの対戦も経験した。

PSG戦で先発のDFジェジエウ「いい形で復帰できた」…リーグ3連覇への意気込みも語る(SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

それでも、「ドルトムントやチェルシーとやった時よりも特別感」のある試合になったようだ。 「メッシとかずっと見てきた選手で、同い年。セルヒオ・ラモスとか、学生時代にウイイレとかで使っていた選手なので(笑)。マジかという嬉しさもあり、その中で決めたかった悔しさもあり…という感じでです」  小林は最後に、「やるからには勝ちたかった」と敗戦の悔しさを言葉にした。

「子供に『メッシとやる』と言って『見に来る』と言っていて。子供の中ではフロンターレが一番強いと思っていたので、『フロンターレの方が強いんでしょ?』と聞かれたときに、何というか、ちゃんと答えられなかった自分が悔しかった。勝ちたかった気持ちがあって、最後まで少しでも勝つ可能性を何とか探しながら追いかけて、追いつきたかったですね。チャンスもありましたし、終わってみると悔しさがこみ上げてきます」

Jリーグが第21節TOP5ゴールを選出、トリを飾るのは大反響を呼んだあの芸術的オーバーヘッド!

2022-7-16

Jリーグは15日、明治安田生命J1第21節のTOP5ゴールを発表した。 全21ゴールが生まれた今節。浦和レッズのMF伊藤敦樹の密集を抜けたミドル、横浜F・マリノスのMF岩田智輝のクロスを沈めたFWレオ・セアラの劇的同点ヘッド、ダイナミックな攻撃を完結させた浦和のMF大久保智明の今季初ゴール、ショートカウンターを仕上げたセレッソ大阪のFW加藤陸次樹の先制点が選出された。

Jリーグが第21節TOP5ゴールを選出、トリを飾るのは大反響を呼んだあの芸術的オーバーヘッド!(超WORLDサッカー!) - Yahoo!ニュース

素晴らしい4つのゴールに続いてトリを飾ったのは、大きな反響を呼んだ川崎フロンターレのMF家長昭博の芸術的オーバーヘッドだ。

ガンバ大阪を等々力陸上競技場に迎えた川崎Fは3点リードの36分。右CKからMF脇坂泰斗がアウトスイングで入れたクロスに対し、DF車屋紳太郎がわずかに触れてボールが大きく浮き上がると、ファーで待ち構えていた家長が右足でオーバーヘッドシュート。

何かすごいものを見た…」「セクシーすぎ」家長昭博の華麗なオーバーヘッド弾に反響続々!(SOCCER DIGEST Web)  川崎フロンターレは7月9日、J1リーグ第…|dメニューニュース(NTTドコモ)

芯を完璧に捉えた一撃は、GK東口の手を弾いてネットを揺らした。 逆足での完璧な一撃には、「トリを飾るのはアキ!当然」、「ウイイレかい」、「アキ君のゴールしか勝たん」、「もちろんベストゴール」、「家長さんのやっぱ入るよね」などのコメントが寄せられている。

最終予選で見せた“川崎化”をE-1選手権でも? Jリーグで結果を残すF・マリノス、広島から計13人を招集したわけ

2022-7-15

日本サッカー協会からE-1選手権を戦う26人の日本代表が発表された。海外組不在であり、新戦力が多く招集されている。 今回のメンバーで気になる点があるとすれば同一チームからの招集の多さだろう。

Jリーグで首位を走る横浜F・マリノスから最多となる7人が選ばれており、4位サンフレッチェ広島からは6人が日本代表入りを果たした。この2クラブだけで13人であり、26人の半数を占めることになる。

アジア最終予選を戦った日本代表では川崎フロンターレ化が見られた。田中碧三笘薫守田英正谷口彰悟板倉滉山根視来旗手怜央とフィールドプレイヤーでは川崎出身の選手が目立ち、三笘は得点面で大きなインパクトを残した。

最終予選で見せた“川崎化”をE-1選手権でも? Jリーグで結果を残すF・マリノス、広島から計13人を招集したわけ(theWORLD(ザ・ワールドWeb))  - Yahoo!ニュース

代表活動は限られた時間でしか行うことができないため、ある程度サッカーのイメージを共有することができる彼らが重宝された。その効果は絶大であり、今の代表の土台は川崎にあるといっても過言ではない。 同じ手法をこのE-1選手権でも試すことになれば“F・マリノス化”ということになるのか。

最終ラインでは畠中慎之輔、小池龍太、中盤では岩田智輝、藤田譲瑠チマ、西村拓真、前線では宮市亮と水沼宏太が招集された。被りなく7ポジションをカバーすることができ、指揮官は違うが彼らが中心となって戦うこともできる。

最終予選で見せた“川崎化”をE-1選手権でも? Jリーグで結果を残すF・マリノス、広島から計13人を招集したわけ (2022年7月14日) -  エキサイトニュース

6人選ばれた広島をベースにする可能性もある。最終ラインには森保一監督をよく知る佐々木翔が選ばれており、3バックにすることも考えられる。初招集の荒木隼人は3バックの中央をチームで務めており、サイドで佐々木がそれをカバーする。

香港、中国、韓国と3ゲーム用意されており、F・マリノスが中心、広島のメンバーが中心となるような先発が組まれれば引き出しを増やすことができ、面白い試みだといえる。 5日後の19日に初戦香港戦に臨むことになる日本代表。

メンバーが合流してトレーニングする回数は限られており、今季Jリーグで結果を残しているF・マリノス、広島の2クラブのメンバーを中心としたスターティングメンバーが組まれることになるだろう。

川崎フロンターレU-18MF大関友翔「プロになっただけでは意味がない。恩返しができるような活躍ができれば」

2022-7-12

7月3日、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EASTの第11節が開催され、リーグ首位の川崎フロンターレU-18(神奈川)と桐生第一(群馬)の一戦が行われた。試合は川崎フロンターレU-18が4-0で桐生第一にを下した。

この日のゲームで随所に光るプレーを見せた川崎フロンターレU-18MF大関友翔は試合後、「前半戦ラストの試合でしたけれども、勝ち切ることを意識していましたし、やりたいこともできていたと思うんですけれども、もっともっと圧倒しないといけないと監督からも言われていました。相手にチャンスを作られる場面もあったので、そこはもっと突き詰めていかなければいけないなと思いました」とコメント。

立ち上がりに押し込まれたことについては「自分を含め、相手のプレッシャーに対してやりたいことが揃わずに、ドリブルの選択が多くなってしまったというところなどが押し込まれる原因となったと思います。クラブユース選手権などは35分ハーフなので、前半の入りの部分を含め、1点勝負になった時に苦し口なると思うので修正しないといけないなと思います」と課題を口にした。

プレミアリーグも半分を消化。10勝1分で首位に立っているという結果については「1試合は引き分けてしまいましたけれども、それ以外は勝てているということは評価できると思います。ただ前半戦で結果を残したことで、後半戦は対策してくるチームも多いと思うので、そこでどれだけ自分たちがやれるかが優勝に向けて大事になってくると思います」と話し、気を引き締める。

先月6月28日にはDF松長根悠仁とともに自身のトップチーム昇格が発表されたが「小さい頃からの夢だったプロサッカー選手に、憧れの川崎フロンターレというチームでなれたことをすごくうれしく思います。ただ、プロになっただけでは意味がないと思っていますので、皆さんに恩返しができるような活躍ができればなと思っています」と話した。

今後のリーグ戦については「やっぱり相手チームが対策してきたり研究してきたりすると思うので、難しい試合だったり、自分たちのやりたいことができない試合も増えると思うんですけれども、そこで勝ち切る強さだったり、相手が来ても自分たちのやりたいサッカーをやらないといけないと思っています。クラブユース選手権も含めて自分たちも成長していきたいと思っています」と意気込みを語った。

川崎フロンターレU-18MF大瀧螢「自分が攻撃の中心を担うということを意識して試合に入った」

2022-7-12

7月9日、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EASTの第12節が開催され、川崎フロンターレU-18(神奈川)と大宮アルディージャU18(埼玉)の一戦が行われた。試合は川崎フロンターレU-18が先制するも、大宮アルディージャU18が追い付き、1-1のドローに終わった。

この日のゲームでスタメン出場した川崎フロンターレU-18のMF大瀧螢は試合後、「自分が攻撃のタクトを振るというか攻撃の中心を担うということを意識して試合に入りました。相手が大宮アルディージャU18ということで、自分はジュニアの時に、大宮のクラブ組織に所属していたので、そういう面でも勝ちたいという気持ち、気合が入っていました」とコメント。

試合の内容について聞くと「前半は自分たちのビルドアップから相手陣に行く回数が多く、チャンスも多く作れていましたが、後半は相手のスピードある選手や交代で出てきた選手に対して受けてしまい、前半ほどチャンスを作ることができなくて。失点してしまってからは厳しくなってしまったかなと思います。相手が前から来ていたので、それをひっくり返すことは意識していたんですけれども、相手のCBが空中戦に強くて、なかなか背後を取ることができず跳ね返されてカウンターという形が続いてしまった。そういうワンパターンにならないよう改善していきたい」と話した。

相手のカウンターに対しては「相手のロングボールに対して、CBが競ったセカンドボールを奪えず相手のボールになってしまったシーンとかがあって。セカンドをマイボールにできないと相手の流れになってしまいますし、そこはボランチでゲームに出ている以上、その勝負は絶対に勝てるようにならないといけないと思います」と口にした。

追い付かれてからはどう気持ちを切り替えたのか。「失点したことはもうしょうがないので、そこでズルズルと崩れてしまったら本末転倒というか。前半からできていた部分は継続してやろうと気持ちを切り替えました」と語った。

【川崎】G大阪相手に「前半7分で勝負あり」!「3つのアクシデント吹き飛ばす」4得点大勝で王者復活へ大きな一歩

2022-7-11

■試合前に寺田コーチが「恥ずかしいな…」

■ダミアンが4月9日以来のゴール!

川崎フロンターレU-18MF大関友翔「プロになっただけでは意味がない。恩返しができるような活躍ができれば」

2022-7-9

7月3日、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EASTの第11節が開催され、リーグ首位の川崎フロンターレU-18(神奈川)と桐生第一(群馬)の一戦が行われた。試合は川崎フロンターレU-18が4-0で桐生第一にを下した。

この日のゲームで随所に光るプレーを見せた川崎フロンターレU-18MF大関友翔は試合後、「前半戦ラストの試合でしたけれども、勝ち切ることを意識していましたし、やりたいこともできていたと思うんですけれども、もっともっと圧倒しないといけないと監督からも言われていました。相手にチャンスを作られる場面もあったので、そこはもっと突き詰めていかなければいけないなと思いました」とコメント。

立ち上がりに押し込まれたことについては「自分を含め、相手のプレッシャーに対してやりたいことが揃わずに、ドリブルの選択が多くなってしまったというところなどが押し込まれる原因となったと思います。クラブユース選手権などは35分ハーフなので、前半の入りの部分を含め、1点勝負になった時に苦し口なると思うので修正しないといけないなと思います」と課題を口にした。

プレミアリーグも半分を消化。10勝1分で首位に立っているという結果については「1試合は引き分けてしまいましたけれども、それ以外は勝てているということは評価できると思います。ただ前半戦で結果を残したことで、後半戦は対策してくるチームも多いと思うので、そこでどれだけ自分たちがやれるかが優勝に向けて大事になってくると思います」と話し、気を引き締める。

先月6月28日にはDF松長根悠仁とともに自身のトップチーム昇格が発表されたが「小さい頃からの夢だったプロサッカー選手に、憧れの川崎フロンターレというチームでなれたことをすごくうれしく思います。ただ、プロになっただけでは意味がないと思っていますので、皆さんに恩返しができるような活躍ができればなと思っています」と話した。

今後のリーグ戦については「やっぱり相手チームが対策してきたり研究してきたりすると思うので、難しい試合だったり、自分たちのやりたいことができない試合も増えると思うんですけれども、そこで勝ち切る強さだったり、相手が来ても自分たちのやりたいサッカーをやらないといけないと思っています。クラブユース選手権も含めて自分たちも成長していきたいと思っています」と意気込みを語った。

 

青森山田が横浜F・マリノスユースに完封勝利!川崎フロンターレU-18はFC東京U-18に逆転勝利!プレミアEAST第10節

2022-06-28

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EASTの第10節が6月26日に実施された。

現在首位の川崎フロンターレU-18(神奈川)はFC東京U-18(東京)のホームに乗り込み対戦。FC東京U-18に先制ゴールを許すも、前半に3点を奪い逆転。3-1のまま逃げ切り、川崎フロンターレU-18が首位を守った。また、前節で連敗を止めた青森山田(青森)は、MF芝田玲とFW小湊絆のゴールで横浜F・マリノスユース(神奈川)を2-0で下し2連勝を飾った。

流通経済大柏(千葉)対前橋育英(群馬)の一戦は、流通経済大柏がFW大堀柊人の決勝ゴールで前橋育英との高体連勢対決を1-0で制した。大宮アルディージャU18(埼玉)と対戦した市立船橋(千葉)は、FW郡司璃来とFW丸山侑吾のゴールにより2-1で大宮アルディージャU18に勝利している。

その他横浜FCユース(神奈川)は桐生第一(群馬)を6-3で撃破。柏レイソルU-18(千葉)はJFAアカデミー福島U-18(静岡)の一戦は、柏レイソルU-18が3-1で勝利している。