天皇杯ベスト8の組み合わせ決定! 神戸と鹿島が激突、J2から勝ち上がりの甲府は福岡と対戦

2022-7-16

天皇杯ベスト8の組み合わせ抽選会が15日に行われた。 今年の天皇杯は13日までにヴァンフォーレ甲府、セレッソ大阪、アビスパ福岡、鹿島アントラーズ、京都サンガF.C.、ヴィッセル神戸、サンフレッチェ広島の7クラブの勝ち残りが決定。

天皇杯ベスト8の組み合わせ決定! 神戸と鹿島が激突、J2から勝ち上がりの甲府は福岡と対戦(GOAL) - Yahoo!ニュース

延期となっていた東京ヴェルディとジュビロ磐田の試合が20日に開催され、ベスト8が出揃う。

天皇杯ベスト8の組み合わせ決定! 神戸と鹿島が激突、J2から勝ち上がりの甲府は福岡と対戦(GOAL) - Yahoo!ニュース

準々決勝の抽選の結果、現時点で唯一J2から勝ち残っている甲府は、福岡との対戦が決定。また、神戸vs鹿島とC大阪vs広島はJ1同士の対決となっている。 天皇杯の準々決勝は9月7日に開催予定。決勝は10月16日に日産スタジアムで開催される。

【鹿島】次節神戸戦でも勝利の立役者になるために。安西幸輝「ホームで勝ち点3を取れるように頑張りたい」

2022-7-16

7月14日、鹿島アントラーズの安西幸輝が練習後のオンライン取材に応じた。直近のリーグ戦2試合では引き分けの結果が続いたが、13日の天皇杯ラウンド16ガンバ大阪戦では2-0で快勝して準々決勝進出を決めた。次は16日にJ1第22節ヴィッセル神戸戦を戦う。

鹿島】次節神戸戦でも勝利の立役者になるために。安西幸輝「ホームで勝ち点3を取れるように頑張りたい」 - サッカーマガジンWEB

中2日での3連戦が続く中、7月13日に行なわれた天皇杯ラウンド16ではG大阪を2-0で破り、ベスト8入りを果たした。試合から一夜明け、「一発勝負の天皇杯。なかなか勝ち切れない試合が続いていた中、しっかり無失点で終えられてよかったです」と、左サイドバックのポジションで攻守に存在感を放った安西幸輝は振り返る。

直近のリーグ戦2試合では引き分けが続き、特に前節札幌戦では攻撃が停滞してスコアレスドローに終わった。「(上田)綺世が移籍したので、攻撃の部分でどのように得点を取っていくのかということを監督も話している」と、ベルギーへ移籍したFW上田綺世の穴を埋めることが課題であることを明かすが、「その中で途中出場のピトゥカがしっかり点を決めたり、去年は苦しい思いをしていたエヴェ(エヴェラウド)が今年に入ってからの(公式戦)4ゴール目を挙げたり、その2人が点を取ってくれたことはすごく大きい」とG大阪戦では大きな収穫もあった。

鹿島】次節神戸戦でも勝利の立役者になるために。安西幸輝「ホームで勝ち点3を取れるように頑張りたい」 - サッカーマガジンWEB

16日には再びJ1リーグ戦の戦いに挑む。首位の横浜FMを追走するためにも、神戸とのホームゲームで勝ち点3を手にしたいところだ。 「(神戸は)代表を経験している選手など、いい選手がたくさんいます。今、気持ちの面でも体の面でも状態がすごくいいチームなので、その相手にホームでしっかり勝ち点3を取れるように頑張りたいです」  クラブ伝統の2番を背負う安西が、神戸戦でもチームを勝利に導くためにサイドを駆け上がる。

【鹿島】バイラー監督「選手の成長に文句ない」10年ぶりカシマスタジアムでの神戸戦勝利に意欲

2022-7-15

鹿島アントラーズのバイラー監督(48)が15日、ヴィッセル神戸戦(16日、カシマスタジアム)を前にオンライン取材に応じ、10年ぶりのカシマスタジアムでの神戸戦勝利に意欲を見せた。カシマスタジアムでの神戸戦は、12年9月1日に勝利して以来、5敗3分け(13年は神戸はJ2)と勝利から遠ざかる。指揮官は「神戸は監督が交代し、いい流れにある。ホームでここ数年、勝てていない。厳しい試合になるが相手よりいいパフォーマンスをしないといけない」と話した。

鹿島】バイラー監督「選手の成長に文句ない」10年ぶりカシマスタジアムでの神戸戦勝利に意欲 - J1 : 日刊スポーツ

前節のコンサドーレ札幌戦はFW鈴木優磨の欠場もあり、攻撃が機能しなかったが、バイラー監督は選手の成長に手応えを感じている。「最悪な試合かというとそうではない。アウェーで勝ち点1を取り、選手の成長が垣間見える。順位もいいところにつけていますし、選手の成長には文句はない」とキッパリ。13日の天皇杯・ガンバ大阪戦はMFピトゥカ、FWエヴェラウドが得点しており、上昇気流に乗っている。

專欄|癲鳳鬥狂龍鬥快定鬥亂? | 頭條日報

神戸戦後は、東アジアE-1選手権の開催で公式戦は2週間空く。指揮官は、選手に2~3日の休暇を与えることを明言し「連戦の疲れを癒やしてリフレッシュしてもらおうと思っている」と考えを述べた。

FIFAeワールドカップが本日開幕!! 鹿島ナスリがアジア勢唯一の出場へ、クラブ公式も“全面サポート”異例の全試合生配信

2022-7-15

eスポーツのサッカー界で世界最高峰の大会『FIFA eワールドカップ』が14日、デンマーク・コペンハーゲンで開幕した。日本からは鹿島アントラーズ所属のナスリ(22歳、WebNasri)が参戦。日本時間同日深夜に初戦を控える中、アジア唯一の選手として世界の強豪に挑む。

FIFA eW杯参戦中の鹿島ナスリ、D組最下位でグループステージ折り返し…あす16強入りかけて巻き返しへ!(ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

eW杯はエレクトロニック・アーツのサッカーゲームシリーズ『FIFA 22』で戦う世界大会。過去2大会は新型コロナウイルスの感染拡大により中止となったため、今回が3年ぶりの開催となる。ナスリは今年1月に日本で行われたeJリーグ、7月上旬にイギリス・ロンドンで行われたグローバルシリーズプレーオフを制し、世界トップ32に与えられる出場権を獲得。2018年以来4年ぶり2度目の出場を決めた。  ナスリにとって“鹿島での世界行き”は大きな悲願だった。「2年もいてクラブへの思い入れも愛着もある。応援してくれる方々がいて、鹿島への気持ちも時間が経つにつれて強くなった。表向きの言葉ではなく、恩返ししたいと思うようになった」。

eJリーグ制覇後のインタビューではそんな思いも吐露し、「だからこそタイトルという形で(恩返しを)実現できてうれしい」と喜びを語っていた。

eスポーツ】ナスリ選手(22、鹿島アントラーズ)、7月14日より世界No.1のサッカーゲーマーを決める「FIFAeワールドカップ2022」へ出場 -  記事詳細|Infoseekニュース

クラブを背負う立場にはプレッシャーもあった。それでも2020年当時から「嫌なことではない。表現が難しいけど、新しい感情が湧いてきたなという感覚。この経験を海外選手はもっと前からしていたと思うので、メンタル面でも向こうに追いつけるようにしたい」とポジティブに昇華。トッププレーヤーが口を揃えて「メンタルゲー」と精神力の重要性を強調するサッカーゲームにおいて、その重圧さえも自身の成長につなげてきた。

そうした成果もあり、W杯出場決定戦となったグローバルシリーズプレーオフの最終戦では1stレグから攻めの姿勢を貫き、2点を先取。2ndレグは追いすがる相手の攻撃戦術により派手な撃ち合いとなったが、2戦合計スコア5-3で接戦を制した。試合後のセレモニーでは鹿島のエンブレムを猛アピール。「本当に息ができなかった」と重圧をのぞかせつつ、「この数年ずっと目指していたので、ただただ嬉しいという言葉しか出ない」と素直な喜びを表現していた。

現実のサッカー界と同様、eスポーツのサッカー界でもカルチャーを牽引するのはヨーロッパ勢。アジア勢の期待を背負うナスリはダークホース的な存在となる。それでも背負うのは鹿島のエンブレム。「サポーターも中の人もタイトルへの想いが強い。2位、3位でもいい成績だから良かったねというクラブもあると思うけど、そうじゃなく、タイトルかタイトル以外という考え方を持っているのが鹿島」(eJリーグでのコメント)。もちろん目指すは頂点だ。

eW杯でのナスリの戦いぶりは、鹿島アントラーズの公式Youtubeチャンネルで14日日本時間24時30分から異例の全試合生中継。伝統のエンブレムを背負って世界に挑む選手をクラブも全面サポートする模様だ。

【鹿島】安西幸輝、苦悩の日々救った鈴木優磨の一言「自分の武器を大切に」16日神戸戦で再起

2022-7-14

鹿島アントラーズのDF安西幸輝(27)が14日、ヴィッセル神戸戦(16日、カシマスタジアム)に向けてオンライン取材に応じ、苦悩を吹っ切った心境を明かした。13日の天皇杯・ガンバ大阪戦ではFWエヴェラウドの得点をアシスト。積極的に仕掛ける本領を発揮し、勝利に貢献した。

鹿島】安西幸輝、苦悩の日々救った鈴木優磨の一言「自分の武器を大切に」16日神戸戦で再起 - J1 : 日刊スポーツ

今季は先発が続いていたが、持ち味のドリブルでの仕掛けは精彩を欠いた。明るく振る舞ってはいたが、苦悩の日々を送っていた。7月に入り、主戦場の左サイドバックではなくサイドハーフで起用されることもあり、直近2試合ではベンチスタートも経験。ポルトガルで一時、ベンチは経験したが、国内では出続けてきただけに「初めて悔しい思いをした」と振り返る。

かつて、どういうプレーをしていたのかも見つめ直した。「いい時は怖がらずに仕掛ける。これがチームにとって貢献できるところ」と気付いた。同僚のFW鈴木優磨からも「自分も試合に出られない時期があった。その時に自分のもともとあるポテンシャルのプレーを出せるか。自分が持っている武器を大切にした方がいい」と声をかけられたことで、確信へと変わった。

鹿島】安西幸輝、苦悩の日々救った鈴木優磨の一言「自分の武器を大切に」16日神戸戦で再起(日刊スポーツ) - goo ニュース

前節のコンサドーレ札幌戦は途中出場だったが「仕掛けること」に徹した。その姿勢が、天皇杯でのアシストに表れた。安西は「失敗してもいいとやっていた。失うものは全部失った。仕掛けてそこから先はどうにかなると感じてプレーしていた。大きなプレーだった」と話す。

チームメートの祝福にも「今季、自分の中で苦しいシーズンを送っていて結果が出なかったり、プレーも消極的になって。悩んでサッカーしてると感じてた。僕自身は元気にしているつもりだが、みんな気にかけてくれていた。ありがたかった」と感謝した。

苦悩のトンネルから抜け出す光が見えたところで、神戸と対戦する。「(神戸は)代表経験者がたくさんいる。ここで勝ち点3を取れるかで天皇杯で勝った意味が大きくなる。しっかり勝ち点3を取れるようにしたい」と前を向いた。

【鹿島】天皇杯ラウンド16は今季4度目のG大阪戦。レネ・ヴァイラー監督「後ろを振り返るのではなく、前を向いて」

2022-7-13

鹿島】天皇杯ラウンド16は今季4度目のG大阪戦。レネ・ヴァイラー監督「後ろを振り返るのではなく、前を向いて」(サッカーマガジンWeb) -  Yahoo!ニュース

大黒柱の復帰を示唆。「鈴木優磨選手も帰ってきます」

鹿島】天皇杯ラウンド16は今季4度目のG大阪戦。レネ・ヴァイラー監督「後ろを振り返るのではなく、前を向いて」 - サッカーマガジンWEB

2位鹿島とスコアレス 収穫の〝価値点1〟

2022-7-12

リーグ14位の北海道コンサドーレ札幌は10日、ホームで同2位の鹿島と対戦し、0―0で引き分けた。序盤からボール保持率では主導権を握り、好機もつくったが、最後まで相手のゴールネットを揺らすことはできなかった。それでも上位を相手に3試合ぶりの無失点に抑え、勝ち点1をもぎ取ったことは収穫。夏場の後半戦に向けて自信に変え、上昇気流に乗る。

攻撃は最大の防御だ。札幌は最後まで体を張り、相手に付け入る隙を与えなかった。前半は主導権を握り、シュート1本しか打たせなかった。後半は試合巧者の鹿島が圧力をかけてきたが、札幌は前線にFW中島や、DF西を置いて前からプレッシャーをかけ続けた。

両者一歩も譲らなかった。シュート数は互いに5本。MF金子は巧みなドリブルやシュートで好機に関わり、輝きを放ったが、「ボールは持てていたけど最後のところで迫力が無かった。1点を取るにはリスクを冒して人数をかけなければならない」と、チームの攻撃に課題を挙げた。

リーグ2位の鹿島を無失点に抑えたことは自信になる。DF田中駿は「(相手の攻撃は)イメージ通りだった。比較的うまく守れた」とうなずいたが、「ボールを奪った後のカウンターをもっと狙えた」と、攻守の切り替えの部分で攻め切れなかったことを反省した。

全体的には善戦したものの、最後のところでゴールが奪えなかった。主将のMF宮沢は「勝ち点1は悔しい。現状、勝ち点を積み重ねていかなければならないが、今回の引き分けはポジティブに捉えたい」と前を向く。

連敗は2で止めた。次は中5日でアウェー柏戦がやってくる。良い準備をして次は勝ち点3をつかみ取り、下位からの浮上につなげたい。

【鹿島】勝利への牽引車、ディエゴ・ピトゥカがG大阪との天皇杯ラウンド16へ闘志。「一発勝負ということで、勝つしかない」

2022-7-12

7月11日、鹿島アントラーズのディエゴ・ピトゥカが練習後のオンライン取材に応じた。前々節セレッソ大阪戦、前節北海道コンサドーレ札幌戦と2試合連続で引き分けた。リーグ戦の合間の13日には前節から中2日の過密日程の中、天皇杯ラウンド16ガンバ大阪戦を戦う。

「臆病にならずに、積極的に」

2試合で5ゴールの攻撃陣と2試合で4失点の守備陣 首位F・マリノスとの差が開く鹿島アントラーズの改善点

2022-7-9

首位横浜F・マリノスを追いかける2位鹿島アントラーズは6日にセレッソ大阪と対戦。計6ゴールが生まれる打ち合いとなり、最終的には3-3のドロー決着となった。

エース上田綺世を失った鹿島だが、その攻撃力は落ちていない。代役を務めるエヴェラウドは2試合連続ゴールを決めており、セレッソ大阪戦では素晴らしいバイシクルシュートを決めた。ベルギーから戻ってきた鈴木優磨は攻守両面でチームを活性化させており、セレッソ大阪戦では1ゴール1アシストの活躍を披露している。 しかし気になるのは守備陣だ。今季は20試合終えて2位の鹿島だが、失点数は26点と少なくない。リーグでは下から5番目の数字であり、セレッソ大阪戦では3失点している。15節サガン鳥栖戦4失点、16節FC東京戦3失点と複数失点が目立つ試合が多くなっており、これだけ前線が決めても後方が安定しなければ勝ち点は落としてしまう。

やはり主軸として昨季活躍した町田浩樹と犬飼智也の放出が響いているのだろう。彼らが基本スタメンとして戦った昨季は38試合で36失点と堅守を誇っており、リーグでは上から5番目の好成績だった。

代役として獲得されたキム・ミンテだが、セレッソ大阪戦ではミスが目立った。オウンゴールから失点を喫しており、2失点目もインターセプト後のパスでミスが出てしまった。またミンテと関川郁万、安西幸輝を最終ラインに並べるのは守備を考えると厳しく、この夏に実力のあるセンターバックを獲得すべきかもしれない。 上田が抜けてもゴールを奪い続ける前線に対し、安定感を欠いてしまっている守備陣。リーグ戦では3試合連続失点中であり、10日のコンサドーレ札幌戦ではクリーンシートで勝ち点を積み上げたい。

 

鹿島FWエヴェラウドの“驚愕バイシクル弾”に世界衝撃!

2022-7-9

Jリーグで生まれたスーパーゴールが世界に衝撃を与えている。

7月6日に行なわれたJ1第20節、鹿島アントラーズがセレッソ大阪をホームに迎えた一戦だった。

2-3と1点ビハインドで迎えた89分、自陣からのロングフィードを鈴木優磨がヘッドで繋いだボールを受けたブラジル人FWエヴェラウドが、右足でボールを浮かして相手DFをかわすと、角度のないところから、そのままバイシクルシュート。軌道を描いたボールがゴールに吸い込まれ、劇的な同点弾となった。

この圧巻のゴールを、各国メディアも次々に取り上げている。その一部を紹介すると、母国ブラジルの『Globo』は「日本で今シーズンの最も美しいゴール? 可能性は非常に高い。プスカシュ賞(FIFA年間最優秀ゴール)にノミネート?それは当然のことだ」と絶賛している。

また、スペインの『El diario』は「プスカシュ賞で敵なし。ブラジルのエヴェラウドが“今年のゴール”を決めた」と報道。「FIFA最優秀ゴールで、彼を超える者はほとんどいない。彼は角度がなくほぼ不可能なバイシクルキックを試みた」と驚きをもって伝えた。

また、英国メディア『GiveMeSport』も「エヴェラウドが非常識なバイシクルキックを決めた。スポーツの歴史の中で最も素晴らしいもののひとつであると私たちが言っても、信じてください…」と報じている。  果たして、このゴラッソはプスカシュ賞にノミネートされるのか。注目が集まる。