梶浦勇輝とアルベル監督を迎えた声援「私の名前を叫んでくれた。しっかりと耳に届いた」

2022-7-8

この日の試合でも、両チームのサポーターは試合前から試合後まで応援を存分に楽しんでいた。東京側で簡単に例を挙げるならば、試合前の“マフラーを広げるだけではない”You“ll Never Walk Aloneも、試合中のチャントも、試合後の「シャー」も、全てが懐かしい光景であると同時に大きな楽しさを伴っていた。札幌サポーターも、完敗の内容になったため最後はブーイングで終わってしまったが、声援を送る体験は楽しかったはずだ。

声援の中で試合をすることが日本で指揮を執り始めたシーズン(2020年、アルビレックス新潟)の開幕戦以来となったアルベル監督は、試合後には場内を周った。スタンドにはカタルーニャの州旗が複数広げられ、ゴール裏から「アルベル・トーキョー!」と声援を受けた。

会見で「私の名前を叫んでくれた。しっかりと耳に届いた。うれしく思う」と感謝したカタランの指揮官は、声援があることについて「素晴らしい」に加えて「美しい」という言葉を使った。「声援があることこそがサッカーでありエンターテインメントだと思う」と語る彼は「今後も声援がある中で試合ができることを強く望んでいる」。その願いはJリーグに関わるほとんどの人が持っているものだろう。

■ルールの中で成果を上げることで、ルールを変える未来に近づける

この日のSTEP2を経て、JリーグはSTEP3(声出し可能エリアは市松模様、エリアの席数の上限はなし。※収容人数の50%まで)に進もうとしている。少しずつだが着実に前に進む、というイメージだ。

一度楽しさを知ってしまうと一気に元通りになることを望みたくなるが、Jリーグは実績を積み上げている途中だ、ということを忘れてはならない。今でも自治体ごとにイベント開催に対してコロナ対策用の要請やガイドラインの設定がされており、Jリーグはルールの中でエビデンスを積み上げて「その先にある、感染対策の方針自体を見直していただく働きかけ」(野々村芳和チェアマン)に繋げたい、という構図だ。  ルールの中で成果を上げることで、ルールを変える未来に近づける。制限から解放されて元に戻りたい、と思っているのは皆同じ。クラブやリーグも苦心している。存分に楽しんで熱を取り戻しつつ、目的達成に向かって全体で着実に歩みを進めることに協力もする、ということが全試合で成立することに期待したい。

FC東京、869日ぶり声援受け3発快勝…“初体験”松木「後押しされた」

2022-7-8

FC東京が869日ぶりの“声援”を力に4戦ぶりの勝利を挙げた。前半35分にFWレアンドロ、同49分にFWアダイウトンが、それぞれPKを決めて2点をリード。後半6分にもアダイウトンが追加点を挙げ、声出し応援の運営検証試合で3―0の快勝を収めた。

20年2月18日のACL・パース戦以来となるホームでの声援に、アルベル監督(54)は「これこそがサッカー。サポーターの熱い声援が我々に力を与えてくれた」と感謝した。

この日は両ゴール裏に声出し応援エリアを設置。ホーム側に約2000人、アウェー側に約1000人が詰めかけ、不織布マスクを着用した上でチャント(応援歌)を合唱した。プロ入り後初の声援を受けたMF松木は「アップ中でも声援があってびっくりした。サポーターの声援に後押しされた」と振り返った。

デビュー戦の18歳MF梶浦がフル出場するなど新戦力の活躍もあり、5月の鹿島戦以来4戦ぶりの勝利。熱狂が戻った味スタで大きな1勝を手にした。

【番記者の視点】バングーナガンデ佳史扶の覚悟…FC東京のSBの系譜を継ぐ男

2022-7-8

FC東京は、札幌を3―0で下し、4試合ぶりの勝利を挙げた。声出し応援の運営検証試合で2年半ぶりに声援が戻った一戦で、U―21日本代表DFバングーナガンデ佳史扶(かしーふ、20)は、左サイドバック(SB)で後半42分までプレーした。

声の力が、自然と足を前に運ばせた。20年に下部組織からトップ昇格した佳史扶だが、直後にコロナ禍になってしまったため、味スタのピッチで声援を受けるのはこの日が初めてだった。「点を取った後の雰囲気とか初めての感覚でした。声援があると、イケイケムードになるというか、点を取る度にもっといってやろう、といつもより後押しされて新鮮でした」。ホームの声出しエリアに集まった約2000人の声を背に、左サイドを駆け上がり、チームの勝利に貢献した。

ガーナ人の父と日本人の母を持つ攻撃的なSBで、24年のパリ五輪でも活躍が期待されている。だが昨年9月1日のルヴァン杯準々決勝の札幌戦で、右膝外側半月板を損傷。全治6か月の診断を受けた。あれから10か月。くしくも札幌戦で先発のチャンスが巡ってきた。「去年僕がケガした時の相手なので、不思議な縁があると思います」と並々ならぬ思いで臨んでいた。

佳史扶がプレーするSBは、FC東京にとって特別なポジション。加地亮、徳永悠平、長友佑都、太田宏介、室屋成、そして今夏にポルトガル1部ギマラエスに期限付き移籍した小川諒也。多くの日本代表を輩出してきた。「僕もユースの時から、東京のトップでスタメンになれれば、日本代表になれると思ってやってきました。やっぱり、FC東京のSBでスタメンを取るには、代表レベルの選手じゃないといけないと思っています。まだまだ足りないですけど、そういう所にたどりつけるようにしたい」と先輩たちの系譜を継ぐ覚悟はできている。

左足のクロス精度や個人の仕掛けなど、攻撃性能は歴代の先輩たちにもひけをとらない。課題は自ら「山積みです」という守備。特に最近意識しているのはポジショニングで、「逆サイドにボールがある時のポジショニングが悪くて、出だしが遅れて、不利な状態から1対1が始まってしまっている」と分析している。コーチ陣と映像を見返して話し合ったり、センターバックの森重主将にもアドバイスを求め、改善しようと努めている。  この日も試合の序盤に相手に簡単にサイドを突破される場面があった。「立ち上がりに失点してもおかしくない軽い対応をしてしまった」と反省したが、時間が進むにつれて修正。後半は積極的に左サイドを駆け上がり、持ち味を発揮した。

ユース時代から目標にしてきた小川から、ポルトガルに旅立つ前に「佳史扶がいるから大丈夫だろ」と声を掛けられた。「本当に頼れる先輩でしたし、目標であり、超えなきゃいけない存在だとずっと思っていました。これから『FC東京には佳史扶がいるから大丈夫だったな』と言ってもらえるぐらいの活躍を、諒也くんにも、サポーターのみなさんにも見せていきたいと思います。諒也くんの言葉は裏切れないですから」。偉大な先輩たちがつないできたバトンが、いま20歳に託された。

「心を揺さぶられました」FC東京のアルベル監督が2年半ぶりの“声出し応援”に感動「本当にありがとう」

2022-7-8

FC東京のアルベル・プッチ・オルトネダ監督がサポーターの声援に感謝している。

6日、FC東京は明治安田生命J1リーグ第20節で北海道コンサドーレ札幌と味の素スタジアムで対戦。この試合では両チームのゴール裏に声出し応援エリアが設置された。

およそ2年半ぶりの声援に後押しされたFC東京は、35分にFWレアンドロ、前半アディショナルタイムにFWアダイウトンがそれぞれPKを決めると、後半の51分にはアダイウトンの追加点が生まれ、3-0の快勝を収めた。

試合後にゴール裏を訪れたアルベル監督にも大きな声援が送られたが、指揮官は試合後にツイッターを更新。サポーターと一体になって盛り上がる動画を添え、「あなたたちの声援とチャントに心を揺さぶられました。本当にありがとう。選手たちとあなたたちは、この”眠らない街”Tokyoの宝物です」と声援に感謝している。

 

ポルトガル1部ギマラエスに期限付き移籍のDF小川諒也が出国「いい報告ができるように」

2022-6-29

FC東京からポルトガル1部ギマラエスへ期限付き移籍した日本代表DF小川諒也(25)が28日、羽田空港からポルトガルに向けて出発した。自身初となる海外移籍を前に「まずはポジションを取りに行くところからスタート。がむしゃらにプロに入った時のように、自分をアピールしていきたい。必ずポジションを取って、日本にいるFC東京のファン、サポーターにいい報告ができるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

千葉・流通経大柏高から15年にFC東京に入団。左足の正確なクロスと身体能力を武器にした左サイドバックで、これまでJ1通算133試合に出場した。昨年3月には森保一監督(53)率いる日本代表にも初選出された。「自分が7年半過ごして、このチームで良かったと思えるチームでした」と自身を育ててくれたFC東京に感謝した。

今後は29日にメディカルチェックを受け、チームに合流。来月3日からはトレーニングキャンプを行う予定という。11月に開幕するカタールW杯のメンバー入りも期待される25歳は「ヨーロッパに行くのはまずは第一歩で、ゴールでも何でもない。日本代表に戻れるように意識してやっていきたい」と力強く言い切った。

【FC東京】勝ち点3を置き土産に…小川諒也がポルトガル移籍前ラスト試合へ気合「勝ちにこだわりたい」

2022-06-27

FC東京からポルトガル1部ギマラインスに期限付き移籍するDF小川諒也(25)が25日、移籍前最後となる敵地・駅前スタジアムでのJ1鳥栖戦(26日)に向けて心境を語った。

7年半を過ごした東京・小平グラウンドでの最後の練習を終え、小川は「いつもと変わらずという感じだった。(涙は)全然ない。オフシーズンも帰ってこられるかもしれないし、絶対に最後というわけではないので寂しさはない」と、口にした。

いよいよ苦楽を共にしてきたチームでのラストマッチとなるが、ここも「いつも通り気負い過ぎずにいきたい」と言い、こう続けた。

「ここ2試合は勝てていないし、自分たちも納得した内容ではない。やっぱり勝ちたい。自分が最後というのもあるし、チームも勝ちが欲しい試合なので」

惜別弾の期待も高まるが「最後の試合で点を取ったり、アシストできたら最高だけど、どんな形であっても誰が点を取ってもいいので勝ちにこだわりたい」と、チーム優先の意識は変わらない。

そしてファン、サポーターとの別れも「しっぽり泣きながらとかは嫌だ。絶対に会えないわけではないので」。実際、いつも照れ隠しで軽口をたたいて場を和ませてきた小川に、涙は似合わない。

この日、アルベル監督からも冗談交じりに「やっと、おまえと離れられるな」と言われ、チームメートから笑い声が漏れた。「やっぱり最後は勝って笑顔で終わりたい」。勝利と、笑顔を置き土産に新天地へと羽ばたく。