リヨンがオランダ代表DFマラシア獲得決定的に! ユナイテッドも関心の逸材

2022-6-29

リヨンがフェイエノールトのオランダ代表DFティレル・マラシア(22)の獲得を決定的なモノとしたようだ。フランス『RMC Sport』など複数メディアが報じている。

フェイエノールトのアカデミー出身のマラシアは、2017年12月に行われたチャンピオンズリーグのナポリ戦でプロデビュー。以降は数シーズンはレギュラー定着には至らなかったが、2020-21シーズンから定位置を掴むと、今シーズンは公式戦50試合に出場し、1ゴール5アシストの数字を残した。

また、昨年9月にデビューしたオランダ代表ではここまで5試合に出場。左ウイングバックのポジション争いのキャストの一人となっている。

169cmとサイズには恵まれていないが、まるで全身がバネとも形容すべきフィジカル能力、スタミナに優れ、ドリブルやパスを特長とする攻撃的な左サイドバックだ。

https://www.nihonbro.com/product-category/nashonaru/oranda-daihyo

その逸材に関してはマンチェスター・ユナイテッドなどプレミアリーグを中心に国外の複数クラブからの関心が伝えられていたが、マラシアは同胞指揮官ピーター・ボス監督が率いるリヨン行きを決断。

また、クラブ間では1500万ユーロ(約21億4000万円)の条件でクラブ間合意に至ったようだ。 リヨンではチェルシーからレンタル加入したイタリア代表DFエメルソン・パルミエリがレンタル期間終了に伴い、退団となる模様で、マラシアがその穴を埋めることになる。

オランダ代表通算46試合出場もEURO&W杯出場なし…… “ガラスの天才司令塔”の今後は

2022-6-29

元々の能力を考えれば、今もオランダ代表メンバーに入ることが出来ていたかもしれない。 怪我に苦しんできたオランダの司令塔といえば、32歳を迎えたMFケビン・ストロートマンだ。

20歳でA代表デビューを果たしているストロートマンは中盤から攻撃を組み立てられる選手で、2013年には日本代表との試合にも出場している。若い頃から高い評価を得ていた天才肌のパサーであり、今のオランダ代表にもストロートマンほどボールを散らせるレフティーMFはいないかもしれない。

だが、ストロートマンは度重なる怪我に悩まされてきた。今季もマルセイユからイタリアのカリアリにレンタル移籍していたが、怪我もあってリーグ戦10試合にしか出場できなかった。マルセイユとは契約を2023年まで結んでいるが、オランダ『Soccernews』はマルセイユ側がストロートマンを戦力とカウントしていないと見ている。

オランダ代表では通算46試合に出場してきたが、残念なことにストロートマンは1度もEUROとワールドカップを経験していない。EURO2012はメンバーに入っていたが、1度も出番はなく終了。2014年のワールドカップ・ブラジル大会はチームも3位に入っており、ストロートマンも選手として完成され始めていた。しかし、こちらは怪我で離脱。オランダはようやく今年のワールドカップ・カタール大会出場権を手にしたが、現状ストロートマンに割って入るスペースはないか。

同メディアはマルセイユとの契約を打ち切って母国オランダに戻る案も提示しており、エールディヴィジ復帰も選択肢に入れるべきだろう。このまま終わるにはもったいない選手だが、輝ける場所はあるか。

南野拓実はどうなる? 勝負の決断! W杯目前の移籍は成功か失敗か。日本代表で過去に移籍して選手たちは?

2022-6-29

FIFAワールドカップ カタール2022を約5ヵ月後に控えたこのタイミングでの移籍は、勝負の決断と言える。新天地で活躍しW杯メンバーに食い込むチャンスではあるが、新たなリーグやチームへの順応に苦戦すれば落選する可能性もある。

落選してしまった例を挙げるとすれば、ロシアW杯を5ヵ月後に控えた2018年1月にガンバ大阪からリーズへ移籍した井手口陽介だろう。

2017年に日本代表デビューを飾った井手口は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下で瞬く間に定位置を確保。同年8月31日に行われたアジア最終予選のオーストラリア代表戦では82分にゴールを決め、日本の6大会連続6回目のW杯出場に貢献した。W杯に臨む日本代表メンバー入りも有力視されたいたが、2018年1月にリーズ移籍後にレンタル移籍したスペインのレオネスで出場機会を得られず。欧州移籍後は日本代表から遠ざかり、本大会出場を逃してしまった。

同時期に原口元気も移籍をしているが、この決断は正解だった。

当時ヘルタ・ベルリンに所属していた原口は、17/18シーズン第8節のシャルケ戦での一発退場を境に出場危機が減少。ベンチにも入れない日々が続き、本大会目前で窮地に立たされてしまった。そこで日本代表MFは2018年1月に2.ブンデスリーガ(2部リーグ)のフォルトゥナ・デュッセルドルフへのレンタル移籍を決断。リーグレベルは下がったが、同クラブで主力として活躍したことで本大会に臨む日本代表メンバーに選出された。

世界トップレベルの選手が名を連ねるリバプールに比べれば、ASモナコの方がチャンスは多いだろう。だが、南野にとってリーグ1は初挑戦。さらに、同クラブではポルトガル代表FWジェルソン・マルティンスやオランダ代表FWミロン・ボアドゥらがライバルとなる。

日本代表の10番である南野が本大会メンバーから外れることは考えにくい。だが、リーグへの順応に苦戦やライバル選手との競争に勝てず、出場できない状況が続けば落選する可能性もある。本大会を目前に控えたこの決断は成功か失敗か。果たして。

“第2のヴラホビッチ”を探せ またセルビアから出てきた196cmの若き巨人ストライカー

2022-6-29

今年のワールドカップ・カタール大会にも出場するセルビア代表は、前線が1つのストロングポイントだ。最大の注目はユヴェントスのFWドゥシャン・ヴラホビッチで、現セリエAでもトップクラスのストライカーとして評価を高めている。まだ22歳と若いことに加え、190cmとサイズもある。カタールの地で大暴れするかもしれない危険なストライカーだ。

さらにレアル・マドリードFWルカ・ヨビッチ、フラムでゴールを量産したFWアレクサンダル・ミトロビッチも実力者で、セルビア代表を指揮するドラガン・ストイコビッチには複数の選択肢がある。

だが、これで終わりではない。今セルビア国内では、すでに第2のヴラホビッチと注目を集める若手ストライカーが育っているのだ。

その選手とは、国内のパルチザン・ベオグラードに所属する18歳FWマルコ・ミロヴァノビッチだ。すでにトップチームで28試合をこなすミロヴァノビッチも、196cmと驚異のサイズを誇る。現代では背が高くて運動能力の高いストライカーがトレンドの1つになっているが、セルビアからはそのトレンドに合ったFWが続々と出てきている。

スペイン『Estadio Deportivo』は、新シーズンよりリーガ・エスパニョーラに昇格してくるアルメリアが早くもミロヴァノビッチに目をつけていると取り上げている。アルメリアではパルチザンから加えたナイジェリア代表FWサディク・ウマルが大ブレイクしており、それに続くターゲットということか。

さすがにミロヴァノビッチが今年のワールドカップに参戦してくる可能性は低いだろうが、将来的にはヴラホビッチとのツインタワー完成なんてこともあり得る。代表チームの中にはセンターフォワード探しに苦労するところも少なくないが、セルビアはその問題を抱えていないチームの1つと言えそうだ。

【鹿島】上田綺世、ベルギー1部セルクル・ブリュージュから正式オファー 今夏にも新天地へ

2022-6-29

鹿島アントラーズFW上田綺世(23)が、ベルギー1部のセルクル・ブリュージュから正式オファーを受けていることが29日、分かった。上田は法大在学中から海外でのプレーを希望しており、鹿島も本人の意向を尊重する方針。鹿島との契約は残っているが、セルクル・ブリュージュが移籍金を支払う方向。交渉がまとまれば、今夏にも新天地で海外初挑戦となる。

セルクル・ブリュージュはかつて、鹿島からDF植田直通(27)が所属し、植田はその後、フランス1部ニームへとステップアップした。昨季は18チーム中10位に終わりプレーオフ進出はならなかったが、将来のステップアップを見据えての選択になったようだ。

上田は今季、Jでは得点ランクトップの10得点を挙げている。日本代表の活動では、3月のアジア最終予選のベトナム戦と、6月のキリン杯ガーナ戦に出場したが、得点での結果は出せなかった。5カ月後に迫ったワールドカップ(W杯)カタール大会は、登録メンバーが当初の23人から26人に拡大されることが正式に決まった。海外で結果を残し、9月の最後の欧州での親善試合を経てカタールの切符をつかみにいく。

残る2冠へ価値ある一撃…鹿島MF仲間隼斗がカップ戦“連発”「3-0で終われたのはチームとしての収穫」

2022-6-29

ルヴァン杯を失い、残るは2冠のみ――。悲願のタイトル奪還に燃える鹿島アントラーズが磐石の戦いぶりで天皇杯3回戦を突破した。先制ゴールを決めたのはMF仲間隼斗。ルヴァン杯では突破につながらなかったゴールが、今度はタイトルレースを切り開く一発となった。

0-0で迎えた前半16分、DF広瀬陸斗からのスルーパスにオフサイドギリギリで反応した。「常に背後は狙っていたし、陸斗はああいうところ出せる選手。いいボールをくれたので、なんとか逆サイドに流し込むことができた」。振り向きざまに右足を振り抜き、鋭いシュートをファーポスト際に突き刺した。  11日に行われたルヴァン杯プレーオフステージ第2戦の福岡戦に続き、カップ戦では2試合連続のゴール。「カテゴリが違う相手には1点目が大事になると思っていた」。ルヴァン杯では仲間がゴールを決めた後、アウェーゴールを奪われたため突破を逃したが、この日はチームがさらに2点を奪取。「チーム全員が全力を出し切ってしっかり3-0で終われたのはチームとしての収穫」。悔しい敗退からの成長を見せつけた。

もっとも序盤からの決定機を活かせなかった場面もあり、自身のパフォーマンスには満足していなかった仲間。「半分以上は決めていかないと。J1で優勝争いをするチーム相手だとそんなにチャンスはない」。残る2冠に向けて「(ルヴァン杯で)一つのタイトルを失うのはアントラーズにとって情けないことだった。天皇杯とリーグ戦、まだ全然チャンスがある中で確実に取っていかないといけない。結果で見せるしかない」と力を込めた。

【鹿島】上田綺世、ベルギー1部セルクル・ブリュージュから正式オファー 今夏にも新天地へ

2022-6-29

鹿島アントラーズFW上田綺世(23)が、ベルギー1部のセルクル・ブリュージュから正式オファーを受けていることが29日、分かった。上田は法大在学中から海外でのプレーを希望しており、鹿島も本人の意向を尊重する方針。鹿島との契約は残っているが、セルクル・ブリュージュが移籍金を支払う方向。交渉がまとまれば、今夏にも新天地で海外初挑戦となる。

セルクル・ブリュージュはかつて、鹿島からDF植田直通(27)が所属し、植田はその後、フランス1部ニームへとステップアップした。昨季は18チーム中10位に終わりプレーオフ進出はならなかったが、将来のステップアップを見据えての選択になったようだ。

上田は今季、Jでは得点ランクトップの10得点を挙げている。日本代表の活動では、3月のアジア最終予選のベトナム戦と、6月のキリン杯ガーナ戦に出場したが、得点での結果は出せなかった。5カ月後に迫ったワールドカップ(W杯)カタール大会は、登録メンバーが当初の23人から26人に拡大されることが正式に決まった。海外で結果を残し、9月の最後の欧州での親善試合を経てカタールの切符をつかみにいく。

「きつねダンス」がJリーグにやってくる!C大阪の試合にファイターズガールが登場!!

2022-6-29

セレッソ大阪は27日、7月10日に行われる明治安田生命J1リーグ第21節の横浜F・マリノス戦で実施される「CEREVOLUTION」にプロ野球・北海道日本ハムファイターズの「ファイターズガール」がスペシャルゲストとして登場することを発表した。

当日は試合前に話題沸騰中の「きつねダンス」をセレッソガールと共に披露する。 きつねダンスは、日本ハムのマスコット「フレップ・ザ・フォックス」とファイターズガールが、試合中のイニング間に踊るもの。これがSNSなどで一大ブームとなっており、先日には柏レイソルのマスコット「レイくん」もクラブの公式TikTokアカウントでファイターズガールとデュエットするなど、Jリーグ界にも波及してきている。

今回、ヨドコウ桜スタジアムには3名のファイターズガールが来場。話題沸騰中のきつねダンスは必見だ。 ちなみに、「CEREVOLUTION」は、2021年に掲げたセレッソ大阪のサマーコンセプト。「REVOLUTION=変革」「EVOLUTION=進化」という言葉が入っておりセレッソ大阪の象徴でもある狼のように、「覚醒し強く進化していく」という思いが込められている。

「ワクワクさせてくれる」浦和モーベルグの美技連発プレー集に反響!「止められないドリブルとスペシャルな左足」

2022-6-29

Jリーグは6月27日、公式ツイッターで浦和レッズに所属するダヴィド・モーベルグのプレー集を公開した。   モーベルグはここまでリーグ戦で9試合に出場し3ゴールを記録。左足から放たれる正確なキックや切れ味鋭いドリブルで数多くのチャンスを演出している。26日のヴィッセル神戸戦では、終了間際にドライブがかかった圧巻の直接FKを沈め、周囲の度肝を抜いた。

アップロードされた動画にはその神戸戦のゴールはもちろん、ジュビロ磐田戦の相手DF3人を翻弄して決めたスーパーゴールなどが収録されている。

この投稿にSNS上では、「ドライブシュート凄かった」「ずっと見てられる」「見れば見るほど好きになっていく」「ワクワクさせてくれる」「止められないドリブルとスペシャルな左足」「切れ味鋭いなぁ」「試合に出れば活躍してくれるから使ってほしい」などの声が上がった。

シーズンの前半戦は思うような成績を残せていなかった浦和だが、直近2試合は連勝を飾るなど波に乗りつつある。上位浮上を目論むチームを、スウェーデン人の28歳レフティが、その華麗なプレーでさらに勢いづかせることができるか注目だ。

浦和“背番号9”がいよいよ決定! フェイエノールトFWリンセンが加入! メディカルチェック後に正式契約へ

2022-6-29

浦和レッズは27日、オランダ・エールディビジのフェイエノールトFWブライアン・リンセン(31)の完全移籍加入についてクラブ間で合意に至ったことを発表した。今後、日本でのメディカルチェックを経て、正式契約となる。背番号は9を着用する。
リンセンはフォルトゥナ・シッタートでプロキャリアを始めると、マーストリヒト、VVVフェンロ、ヘラクレス・アメロ、フローニンゲン、フィテッセ、フェイエノールトとオランダ国内でプレー。今回、初の海外挑戦となる。

クラブ公式サイトでは、リンセンの特長について「前への推進力・スピードがあり、テクニックも兼ね備えた得点力高いストライカー。周囲の選手を活かすプレーもでき、守備面での貢献も期待できる」と紹介。今回の挑戦について、リンセンは「この浦和への移籍は私のひとつの夢が叶った瞬間でした」と語っている。
「私のキャリアの中での新しい章が始まることを、とても楽しみにしています」

「18歳からオランダのプロサッカーリーグでプレーしていて、最後の2年間はフェイエノールトでプレーしました。フェイエノールトでは素晴らしい時間を過ごすことができ、非常に誇りに思っています」
「私は海外でプレーする夢を今まで持ってきました。それは皆さんも知っていることだと思います。この浦和への移籍は私のひとつの夢が叶った瞬間でした」
「偉大なクラブであり、素晴らしいスタジアムがあり、多くのファン・サポーターが浦和レッズにはいます。これから始まる新しい生活、これから出会う人々のことを思うと今から待ちきれません。浦和レッズのユニフォームを着た最初の試合を心待ちにしていますし、それが素晴らしい時間になることを祈っています」