日本代表、W杯南米予選4位のエクアドル代表との対戦が決定…9月の欧州遠征で激突

2022-7-22

日本サッカー協会(JFA)は21日、日本代表が9月に行われる国際親善試合でエクアドル代表と対戦することを発表した。

JFAは先月、日本代表が9月にヨーロッパへ遠征し、国際親善試合2試合を行うことを発表。すでに9月23日にアメリカ代表と対戦することが発表されていたが、この度2試合目の対戦相手がエクアドル代表に決定したことが発表された。試合日は9月27日で、キックオフ時間や会場、日本でのテレビ放送については現段階では調整中となっている。

森保J エクアドルと9月に対戦|au Webポータルスポーツニュース

エクアドル代表のFIFAランキングは現在44位(日本代表は24位)。強豪がひしめくFIFAワールドカップカタール2022・南米予選では、8勝4分6敗の勝ち点「26」という成績を残し、全体4位で2大会ぶり4度目となるワールドカップ本大会への出場を決めた。一時は、エントリー資格のない選手を予選に出場させた疑いがあるとして、ワールドカップ本大会への出場が危ぶまれていたが、先月10日に国際サッカー連盟(FIFA)が同事案に対する捜査の完了を発表。予定通り11月のワールドカップ本大会に参加することとなっている。

E-1香港戦、日本代表出場全16選手を独自に採点。「存在感を示した」のは誰か?|サッカー代表|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

なお、日本代表とエクアドル代表との対戦成績は日本の2勝1分(5得点1失点)となっている。

PSG戦で「Jリーグと違う楽しさ」を感じるも…小林悠「やるからには勝ちたかった」

2022-7-22

川崎フロンターレに所属するFW小林悠が、20日に行われたパリ・サンジェルマン(PSG)戦を振り返った。

56分から途中出場した小林は1-2で敗れた試合を振り返り、「追いかける展開だったので、前からどんどんボールを追いかけてマイボールの時間を増やそうかなという感じだったんですけど。でも、パス出してくれればというシーンもあったので。でも、楽しかったです」とコメント。「(PSGには)うまさも、強さもあって。

(守備が)はまらないから追いかけてという感じだったんですけど。前半から出ている選手たちは最後、中盤がきつくなっていた。交代した選手は行けるけど、後ろがきついという感じ。なかなか後ろで余っている選手たちも多かったので、行ったら前から連動して行った方がいいし。でも追いかける展開だったので、そうするしかなかった感じなので、難しかったですね」と、ワールドクラスの選手たちの実力を肌で感じた感想を述べた。

守備で牽引した小林悠、単独プレスになったことは「みんなで連動して行った方が良かった」 (超WORLDサッカー!) - Yahoo!ニュース

また、小林は「楽しかった」点にも詳しく触れている。 「一人ひとりの幅というか、ボールの取れる幅、体の大きい選手、足の深さというか、スライディングの深さを感じると、Jリーグと違う楽しさを感じました。抜け出せたかなと思ったシーンでも相手が届いたり、一人ひとりの守れる範囲だったりの違いは日本人との差なのかなと思いました」 「レベルの高い選手たちとやることで、もっともっと努力しなければいけない気になりますし、もっと成長したいという1日になりました」  2010年から川崎Fでプレーを続ける小林は、2015年にドルトムント、2019年にチェルシーとの対戦も経験した。

PSG戦で先発のDFジェジエウ「いい形で復帰できた」…リーグ3連覇への意気込みも語る(SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

それでも、「ドルトムントやチェルシーとやった時よりも特別感」のある試合になったようだ。 「メッシとかずっと見てきた選手で、同い年。セルヒオ・ラモスとか、学生時代にウイイレとかで使っていた選手なので(笑)。マジかという嬉しさもあり、その中で決めたかった悔しさもあり…という感じでです」  小林は最後に、「やるからには勝ちたかった」と敗戦の悔しさを言葉にした。

「子供に『メッシとやる』と言って『見に来る』と言っていて。子供の中ではフロンターレが一番強いと思っていたので、『フロンターレの方が強いんでしょ?』と聞かれたときに、何というか、ちゃんと答えられなかった自分が悔しかった。勝ちたかった気持ちがあって、最後まで少しでも勝つ可能性を何とか探しながら追いかけて、追いつきたかったですね。チャンスもありましたし、終わってみると悔しさがこみ上げてきます」

日本代表のW杯メンバー入りへ。アピールかかる宮市亮、“個の打開力”携えて有用性証明なるか/E-1選手権 プレビュー

2022-7-21

世界に対して優位な武器

日本代表のW杯メンバー入りへ。アピールかかる宮市亮、“個の打開力”携えて有用性証明なるか/E-1選手権 プレビュー(GOAL) - Yahoo!ニュース

サッカー日本代表、香港に6発大勝 E-1選手権開幕(写真=共同)

4年前のW杯から落ちてしまった評価 マグワイアはこのまま復活しないのか「昨季は挫折だった」

2022-7-21

ベスト4に入った2018年のワールドカップ・ロシア大会から4年。イングランド代表の最終ラインを束ねるDFハリー・マグワイアのキャリアはこの4年で大きく変わった。 4年前のワールドカップではお得意のエアバトルも炸裂し、セットプレイからゴールを奪うなど一気にイングランド代表の主力へと登り詰めた。この4年間も安定して代表に招集されており、昨夏のEURO2020でも準優勝に貢献。代表でのキャリアは上々の4年間と言っていいのではないか。

4年前のW杯から落ちてしまった評価 マグワイアはこのまま復活しないのか「昨季は挫折だった」(theWORLD(ザ・ワールドWeb)) -  Yahoo!ニュース

しかし、クラブの方では苦しい時間を経験した。ワールドカップでの活躍もあって2019年にはレスター・シティから8000万ポンドもの移籍金でマンチェスター・ユナイテッドへ加わったが、さすがに移籍金が高すぎた。過度なプレッシャーがかけられることになり、マグワイアはまだその期待に応えられていない。 昨季もチームはリーグ戦で57失点を喫しており、マグワイアにも強烈な批判が飛んできた。

チームとしても個人としても評価を落とすシーズンだったと言える。 それでも今年はW杯イヤーだ。カタール大会へ向けて前を向き、マンUのプライドを取り戻すシーズンにしていかなければならない。英『The Sun』によると、マグワイアも昨季から立ち直ることを誓っている。

4年前のW杯から落ちてしまった評価 マグワイアはこのまま復活しないのか「昨季は挫折だった」(theWORLD(ザ・ワールドWeb)) -  Yahoo!ニュース

「昨季は明らかに僕のキャリアにとっての挫折だった。でも、今の僕たちは前を向き、タイトルを奪い返すことを楽しみにしている。それがすべてだ。僕たちは新しいシーズンを本当に楽しみにしているんだ。選手も、クラブも昨季は良くなかったけど、大きなシーズンへ向けてフレッシュなスタートだ」 今季からは新指揮官エリック・テン・ハーグがチームを率いており、指揮官が代われば景色も変わる。まずはスタメンを確保しなければならないが、マグワイアもテン・ハーグの下で正しい軌道に戻るかもしれない。8000万ポンドの価値があるとサポーターを納得させられるのか、ワールドカップも控える新シーズンはマグワイアにとって勝負の時だ。

「E-1経由→カタール行き」の筆頭候補に推す。藤田譲瑠チマの守備強度はワールドカップに必要だ

2022-7-21

7月19日のE-1選手権第1戦で6−0の快勝を飾った日本代表。しかし、相手の香港代表は、戦術的にもテクニック的にもフィジカル的にも明らかに低レベルで、「ワールドカップのメンバー選考であまり参考にならない」という声も多かった。    ただ、個人的には「カタールに連れて行きたい」と強く感じた選手が1人だけいた。セントラルMFの一角としてフル出場した藤田譲瑠チマだ。

この日が初キャップだった20歳の新鋭は、ポジションを細かく変えながらボールを上手く引き出して捌いた攻撃面以上に、インテンシティーの高い守備が何よりも印象深い。鋭くアグレッシブな寄せ、タイミングの良いパスカット、そして戦況を読んだカバーリングなどが目を引いた。

E-1経由→カタール行き」の筆頭候補に推す。藤田譲瑠チマの守備強度はワールドカップに必要だ | サッカーダイジェストWeb

とくに印象深いのが、51分のプレーだ。敵陣中央付近で相手の横パスが弱いと見るや鋭く寄せてボールを奪い、そのまま決定的なカウンターに繋げる。抜け出した相馬勇紀の判断が悪くゴールには繋がらなかったものの、完全に1点もののビッグチャンスだった。

こうしたインテンシティーの高い守備を90分間に渡って継続したスタミナ、20歳ながら身振り手振りを交えながら臆せず仲間に指示を出したメンタリティーも、藤田に好印象を抱いた要因の1つだ。

森保ジャパンの中盤は、アンカーの遠藤航、インサイドハーフの田中碧と守田英正という3人が主力。ただ、彼らと同じような高い守備強度を保証する控えが実質不在だ。鎌田大地と久保建英はアタッカー色が強く、原口元気は元ウイング、柴崎岳は司令塔タイプで、明らかにレギュラー陣とは毛色が違う。

U-23アジアカップでも別格だった中盤戦士がE-1選手権でも大活躍 藤田譲瑠チマのカタール行きは現実的? - 今日のニュース

4試合を戦った6月シリーズで森保一監督は中盤も様々な組み合わせを試したものの、浮き彫りになったのは「主力トリオが揃わないと守備の強度が落ちる」という現実だった。

だからこそ、この日の藤田にはピンときた。「ワールドカップで戦うドイツ代表、コスタリカ代表、スペイン代表は、香港代表とは比べ物にならないチーム」という意見はあるだろうが、この日の藤田が示したインテンシティーを個人的には無視できない。アンカーとインサイドハーフで機能する部分を含め、カタールにおける日本代表に求められる資質を備えたタレントだ。

先日、公式YouTubeチャンネル『サッカーダイジェストTV』で福西崇史氏が選んだカタール・ワールドカップのメンバーにも入っていた藤田。同じボランチだった元日本代表もそのポテンシャルを高く買っている。

今回のE-1選手権は残り2試合。7月24日の中国戦、そして27日の韓国戦でもハイパフォーマンスを見せられれば、藤田のカタール行きがにわかに現実味を帯びてきても不思議はない。

【日本代表】「爪痕を残したい」。細谷真大はE-1をステップボートにできるか?

2022-7-19

日本代表のFW細谷真大が活動初日となった17日、オンラインで取材に応じた。今季のJ1で成長を示しているストライカーは、代表初招集に覚悟を持って来たと話す。練習からどん欲に吸収し、アピールし、「爪痕を残したい」と意気込んでいる。

日本代表】「爪痕を残したい」。細谷真大はE-1をステップボートにできるか? (1/2) - サッカーマガジンWEB

細谷は今季のJ1で大きな成長を示している。昨季の先発数は10試合に過ぎなかったが、今季は22節終了時点ですでに18試合。ゴール数でも3点から6点、アシストも1から3へと倍増させている。6月にウズベキスタンで開催されたU-23アジアカップでもU-21代表として主軸を担い、2ゴールをスコア。今回、その活躍を認められてステップを果たした格好だ。

A代表入りは自身の想定よりも早かったというが、「率直にうれしい」「光栄」と話すと同時に、「責任と覚悟を持って」代表活動に臨みたいと言う。責任の果たした方はもちろんチームの勝利に貢献することだが、ストライカー細谷の貢献の仕方は言うまでもなく、ゴールだろう。

パリ世代"FW細谷真大、 20歳でA代表初招集に「責任と覚悟を持って臨む」(GOAL) - Yahoo!ニュース

今回は3試合しかなく、多くの選手に出場機会が与えられることが予想されるため、細谷に回ってくるチャンスもそれほど多くないだろう。ただ、本人は「最低でも1点を取りたい」と意気込み、「代表っていうのは、自分が目指してきた場所なので、このEー1でしっかり爪痕を残して、また次呼ばれるような結果を残したいと思います」ときっぱり。勝利を目指すとともに、自らの存在をアピールすると誓う。

Uー23アジアカップで自身のスピードや飛び出しが十分に通用すると確認し、自信は以前にも増して膨らんでいる。Eー1でその自信を確信に変え、さらに大きなものとしたいところ。 「(今季は)点は取れている。でも守備はまだまだ。突き詰めてやっていきたい」  進境著しいストライカーは成長にどん欲だ。A代表で活動することでその成長速度をさらに早めるつもりでいる。

オランダや豪州でもプレイした元日本代表DFが国内復帰 恩師の下で町田を上位へと導くことができるか

2022-7-19

FC町田ゼルビアは、太田宏介を獲得したことを発表した。オーストラリアのパースグローリーから完全移籍での加入となる。

太田は2021シーズンに名古屋グランパスからAリーグのパースグローリーへと移籍しており、初年度は19試合2アシストを記録するものの、昨季は11試合の出場にとどまった。2年ぶりの国内復帰は、J1への昇格を目指す町田に決定したようだ。

オランダや豪州でもプレイした元日本代表DFが国内復帰 恩師の下で町田を上位へと導くことができるか (2022年7月18日) - エキサイトニュース

左足から正確なキックを持ち味とする太田は、左サイドバックを主戦場とするプレイヤーだ。横浜FCや清水エスパルスなどで力を付け、FC東京で主力として活躍。

エールディヴィジのフィテッセでもプレイしており、エールディヴィジ通算26試合に出場し、J1では296試合で11ゴールを記録している。 FC東京ではランコ・ポポヴィッチ監督の下で大きな成長を果たし、日本代表にも7試合に出場するなど飛躍。

オランダや豪州でもプレイした元日本代表DFが国内復帰 恩師の下で町田を上位へと導くことができるか(theWORLD(ザ・ワールドWeb)) -  Yahoo!ニュース

恩師のいる町田で再び左足を輝かせることができるか。現在8位とプレイオフ圏内を争う町田にとっては大きな戦力となるだろう。

日本代表、香港戦の「予想スタメン11人」のコンディションは!? 試合前日練習に「参加できなかった選手」の影響

2022-7-19

日本代表は7月19日にE-1選手権決勝大会で香港代表と対戦する。その試合前日である7月18日、日本代表は千葉県内で公式練習を行った。

今回、国内組で編成された代表メンバー26人のうち、11名が初選出というイレギュラーな中でチーム作りを進めている森保一監督。17日の合宿初日は、前日、前々日までJリーグが行われていたこともあってリカバリー中心の選手もいたため、全員がそろっての戦術練習とはならなかった。

日本代表、香港戦の「予想スタメン11人」のコンディションは!? 試合前日練習に「参加できなかった選手」の影響(サッカー批評Web) -  Yahoo!ニュース

18日の練習は本番へ向けてイメージを共有する貴重な機会となった。メディアに公開されたのは冒頭15分間だけではあったがピッチに出てきた選手はいずれも笑顔で、選手間ですでに打ち解けた空気もあるなど、いい雰囲気の中でランニングや鳥かごが行われた。

一方で、この日の練習に参加できなかった選手が1人だけいた。サンフレッチェ広島の満田誠だ。Jリーグの試合でボールが耳に当たったことで、検査を行ったためだという。広島からは6人の選手が選出されているが、合流が遅れたため初日は軽いメニューだけとなっていた。

伊藤ら台頭で収穫だらけの最終ラインはドイツ・スペインにも対抗できる? 日本代表4連戦序列評価DF・GK編(theWORLD(ザ・ワールドWeb)) -  Yahoo!ニュース

その点を考えると、初戦で起用されるメンバーは限定的であり、初招集となる満田もとりあえずは無理をさせて出場させるということにはならないだろう。そういう意味で、香港戦に与える影響は少ないはずだ。

■4-3-3を踏襲か

【日本代表】谷口彰悟、W杯メンバー入りへ「野心は常に」まずは東アジアE1選手権で飛躍誓う 

2022-7-18

日本代表DF谷口彰悟(川崎F)が、11月21日開幕のワールドカップ(W杯)カタール大会でのメンバー入りへ強い気持ちを口にした。

東アジアE-1選手権(19~27日)では主将を務めることになった。19日には香港との初戦となり、集合した17日から準備期間は非常に短い。

日本代表】谷口彰悟、W杯メンバー入りへ「野心は常に」まずは東アジアE1選手権で飛躍誓う - 日本代表 : 日刊スポーツ

過去2度、同大会を経験しており「難しい大会だなという印象。合わせる時間もあまりない」と率直に話しつつ、「それで終わらせてはいけない。3連勝して優勝するという目標は絶対に達成したい」と意気込んだ。

W杯アジア最終予選でもプレー時間を得るなど、海外組を含めた日本代表でも国内組として奮闘している。「結果を出して証明することにこだわって、今季もある程度コンスタントに呼んでもらって参加するなかで、自信もついてきている」と言葉は力強い。

J王者の主将が代表で示した存在感…W杯メンバー入りを目指す谷口彰悟の挑戦 | サッカーキング

本職のCBは海外組が加われば競争は激しいが、本大会でのメンバー入りも可能性は十分にある。「この大会を通して、次を目指す選手しかここにはきていない。野心は常に持っている。プレーに出していけたら」と、3試合でさらにアピールすることを誓った。

【広島】野津田岳人&森島司の日本代表コンビで先制点 京都大前元紀5年ぶりJ1弾で執念ドロー

2022-7-18

サンフレッチェ広島の「日本代表コンビ」が、先制点を生んだ。

後半9分、野津田岳人の右足のクロスを、ペナルティーエリアに走り込んできたMF森島司が頭で豪快に決めた。

広島】野津田岳人&森島司の日本代表コンビで先制点 京都大前元紀5年ぶりJ1弾で執念ドロー - J1 : 日刊スポーツ

前半は両チームとも譲らす、一進一退の攻防が続いていたが、国内組で臨む東アジアE-1選手権のメンバー入りした2人の力でゴールをこじ開けた。

森島は16年のプロ入り後最多となる今季6ゴール目。6人が代表選出された広島だが、京都も粘りを見せた。

広島】野津田岳人&森島司の日本代表コンビで先制点 京都大前元紀5年ぶりJ1弾で執念ドロー - J1写真ニュース : 日刊スポーツ

京都の曹貴裁監督は後半28分に、32歳のFW大前元紀を投入。その4分後、DF白井康介の右からのクロスを、一度は広島GK大迫敬介が触ったが、流れたボールをファーサイドにいた大前が頭で押し込んだ。今季から加入した大前にとって、J1でのゴールは大宮時代の17年7月8日札幌戦以来5年ぶり。

値千金の同点弾で1-1に追いついた。両チームとも最後まで譲らず、勝ち点1を分け合った。  勝てば3位浮上の可能性があった広島は、悔しい3戦未勝利(2分け1敗)。  古都で3年ぶりに祇園祭の山鉾(やまぼこ)巡業が行われたこの日、京都はホームで執念のドローとなった。